相羽涼太プロフィール

こんにちは!
相羽 涼太(あいば りょうた)と申します。

はじめに

「今を生きる。」

過去は起きたことだからもう変えられない。未来は不安に感じたとしてもその不安を考えても何も変わらない。

だからこそ現在が大切で、我々は今を生きるべきである。

…これは、語り口を変えながら、色々な人が色々な伝え方で言っている内容です。

とはいえ、準備が大切であるとも言い、準備となると将来に対する不安に対し、徹底的に対応するようにすることも意味に含んでいると思います。

そうなると、人間は大なり小なり、不安を抱えながら生きていると思います。

しかし、不安は抱えても、それが「漠然とした不安」であった場合、その対応策も分からず、迷宮に入ってしまいます。

だからこそ、「漠然とした不安」を無くすために働いていきたいな、と考え始めています。

そして、グローバル化が進む現在、日本人に足りないのは、挑戦だと思います。

だからこそ、挑戦したいけれど、漠然とした不安を抱えて一歩を踏み出せない人が、一歩を踏み出せるようにしたいと思います。

文系で科学実験などをしてこなかった私にできることは、科学などの世間的に分かりにくいと言われる分野を、分かりやすく伝える調整役になりたいと考えています。

ただ、上記のような大きな問題意識はありますが、だからその中でどうする、という分野が見つかっていません。

そのため、自分の活躍するフィールドを発見するという意味も含めて、広い知見が必要です。専門書もそうですが、調整役たるためには心理も必要ですし、納得させるためには論理も必要ですし、コミュニケーション能力も必要です。だからこそ、まずは色々な分野の読書を進め、自分の進む道を見つけたいと思います。

また、色々なところから日々刺激を受けることも必要だと考えています。そのため、海外に留学したいと考えており、英語を勉強しています。

その上で、調整役という観点から言えば、誰とでもフラットに接していく必要があります。また、話をするのに清潔感なども大切なので、ボディメイクを続けていきます。交渉ごともあるので、その際に、相手方に舐められてしまっては元も子もありません。

その他、自分の趣味として、旅行記や食レポやカフェ巡りの記録もつけていきます。仕事も大切ですが、プライベートで緩急の緩の時間を持つことも大切であることは、言われて、緩を意識すると急の生産性が上がることを自分の中で実感しているところです。また、日々淡々と過ごすだけですと、感情が揺さぶられないので、緩の観点で、感情を揺さぶる為にも映画も時折見ていきます。映画についても、面白いと思ったものを中心に紹介できればと思っています。

このブログを通じて、少しずつながら自分が成長していき、その記録を残していければと思います。

何より、私は挫折して負け組から社会人生活をスタートさせた人間です。

そうした一度陰に行った人間でも、「雑草魂」をもって日々成長していくことで、ビジョンをしっかり持ち、イキイキと生きていけるようになることを、示していれたらいいな、と考えています。

過去の私(〜中学校)

ここから過去の私について触れていきます。

私は、小学・中学時代は何不自由なく育ちました。

普通の公立の学校でしたが、先生に怒られたことはほとんどなく、「いい子」でした。

ただ、今考えると、当時の私は周りの目だけを見て、いいと思われることをやっていただけだったと思います。

本当に悪ガキエピソードとかもなく、優等生のように振る舞い、無難な生活を送っていました。

高校・大学時代

しかし、高校受験を終え、高校に進学すると、色々な価値観の人に出会う中で、自分には他の同級生と違って自分らしさがなく、人に合わせていただけだ、と気づき、どんどん迷宮に入っていきました。

結果として、これといった特徴のない、自分のことが嫌いでしょうがありませんでした。

その上で、「なんで勉強なんかやらなければいけないのか」と思い始めてしまい、自分軸のない私は、理由が発見できず、いつの間にか勉強が好きではなくなり、なんとなく時を過ごしていました。

勉強なんて意味ないのでは、と思いつつも、学生が評価されるのは勉強なので、だらだらと勉強は続けたりしたものの、その理由が分からない私は成績を落とし、自暴自棄になっていました。結果的にチキンなので実行はしないのですが、自傷行為とかを始めてもおかしくなかったと思います。

それは大学2年前半まで続いていました。そこまでの期間はもがき苦しんだ時期でした。

しかし、大学2年後半からは、ゼミ活動に精力的に取り組み始め、結果的にゼミ長を務めることで、イキイキと生活するための一歩を踏み出し始めました。

社会人へ

一歩は踏み出したものの、社会人になる際、自分のやりたいことがイマイチないことに気づきました。

そして、妥協も孕みつつ、なんとなく会社員としての社会人生活を始めています。後悔してもしょうがないですが、ここはしっかり後悔なくやっておくべきだったと思います。

今、最初に記載したような問題意識をようやく持ち始め、ビジョンのようなものの手がかりを見つけたのかも?と思ったところです。

現在20代後半ですが、「なんとなく」の人生から脱却したいな、と心から思います。もう後悔することはしたくないです。

これからに向けて

他の人がどう思っているかは分かりませんが、私は、どう考えても雑草です。全くもって菫とか桜とかの綺麗さはありません。

だからこそ、マイナスのスタートから来ており、歯を食いしばって、まずはマイナスからゼロへ、そして、ゼロからプラスになるべく、猛烈に追い上げて生きていきたいです。

一度しかない人生だからこそ、楽しんで生きていければと、今では心から思っています。

今でも自分が嫌になることは度々ありますが、昔より自分嫌いは減って来たと思います。成長していく中で自己肯定の人間に変わっていけるということを伝えられたらいいな、という思いです。

雑草からでも、雑草魂で成長していくことで、いつか上原浩治さんのような選手にもなれる。

そんな想いを込めて、雑草魂としています。だからこそ、自分の考えとかも書いていきます。