【書評】難解でした。積ん読宣言します。。〜「科学と方法」(ポアンカレ著、吉田洋一訳)〜

アイデアを生み出す際の教科書本を読んだ際、この本が参考文献として乗っていたので買ってみました。

アイデアのつくり方

書評はこちら

買ってみたはいいものの、私には難解過ぎました。

いつも「読まないとなぁ」と思っていたのですが、ちょっとだけ読んで終わっていました。

結局、少し読んで興味深いところはありましたが、読書は進みませんでした。

そこで完読は止め、自己分析に移ります。

文字が細かいのに300ページある

結構きつかったのは、現代の本はレイアウトにこだわっているので、文字が大きく、改行も駆使され、行間も空けられています。

他方でこの本は文字だらけでした。読めなくはないですが、文字が小さいので、なかなかページ数も進まず、進捗を実感できません。

旧字体が使われていた

致命的だったのがこれです。特に漢字が旧字体なので、よく考えると簡体字が分かるのですが、その度止まるので進みません。

小説とかだと古い作品でも読めるのですが、論説文で漢字が分からないのは致命的でした。

数学、科学の話である

数学を勉強していない訳ではないのですが、私がいわゆる文系の人間なので、その分も書かれている内容の理解にハードルがありました。

とはいっても旧字ほどのハードルではないですが。

学んだこと

約50ページくらいですが、学んだことはなくはないです。

主なものは、演繹の必要性です。無限に時間があればよいが、科学者には人生の制限があるので、演繹が必要ということです。

演繹は論理でやり方は学ぶのですが、その必要性については知らず、なんとなく演繹を使っていたので、その理解を深めることができました。

また、時代が時代なので、少し差別的な記載ではありましたが、思考の必要性についても明快に書かれていました。

要約しながら書くと、

「世の多くの一般人は思考を好まないが、それでは他の動物と一緒である。人間は考えることで他の動物とは一線を画する。しかし、大半の人間は考えず本能のままに生きてしまうので、その人の分まで考えないといけない。」

という趣旨でした。だから考えることが大切だ、と伝えている訳ですが、大変勉強になりました。

おわりに

今回、私には読み進めが難しく、堂々と積ん読宣言をここにする訳ですが、いつか立ち戻り、理解して整理できる日が来るときを心待ちにしたいと思います。

本はこちら

この記事を書いた人

相羽涼太

相羽涼太

読書、手帳術、旅行記・訪問記・食レポ、ジム(運動、食事)、英語学習などを中心に記事を更新します。

インターネットの登場で、「考える」ことが減りがちな今こそ、自分なりの軸を持って、考え、発信していくことを大切にしたいと考えています。

SF(上位10位、2019年1月現在):慎重さ、収集心、個別化、責任感、自我、指令性、目的志向、自己確信、信念、学習欲

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします