【お好み焼き】駅チカで、焼くの面倒だけどお好み焼き食べたいなというときに!〜こてがえし 有楽町イトシア店〜

有楽町ビッグカメラに写真を現像する用があったのですが、1時間強空いてしまいました。

その時刻、夜8時半。9時半が完成の時間です。

そんな折、駅チカでお好み焼き屋さんを発見し、訪問しました。

それがこちらの「こてがえし 有楽町イトシア店」さんです。

店舗情報

関連ランキング:お好み焼き | 有楽町駅銀座駅日比谷駅

このお店には、駅から徒歩2分くらいで到着しますし、エスカレーターに乗ると目の前にあるので、道で悩むことは考えにくいと思います。

お店の中は割と奥の方まであって広めの店内でした。

今回、2人で訪問したのですが、我々は結構奥の方の席に通されました。

客対応に関して

店員さんは、割とそっけない印象が強かったです。お好み焼き屋さんというと活気溢れるイメージなのでそっけない対応は意外でした。2017年10月に出来たお店ということで、まだ客対応マニュアルが固まってないのかもしれません。

他方で、結構うろちょろしてくれているので、ベルのないお店だったのですが、あまり店員さんを呼ぶのに苦戦はしなかったです。結果可もなく不可もないレベルに落ちついているように思います。

お店の良いところ

ここのお好み焼きは完成品で出ます。一応、前に鉄板があるのですが、本当に保温のためにしか使いません。そのため、「気軽にお好み焼き食べたいな〜」というときにおススメです。

逆に言えば「お好み焼きはあの焼くときがたまらない」という方には向かないかもです。

ここからは注文した料理の紹介になります。

お通し(324円)

これ、何でしょうか。。店員さんが説明していた気がするのですが、もれなく忘れました。ポテチのようなお菓子に、チーズがつけられた品です。本体は塩気が強く、単体で食べると塩気凄いな、、と感じるのですが、チーズをつけるとチーズが勝ってまろやかに感じるという不思議な感覚を味わいました。チーズって強いんですねというのが一番の発見です。別にガッツりしたものが嫌いな訳ではないのですが、個人的にはもっと軽いものが良かったです。

ジンジャーハイボール(572円)

標準のジンジャーハイです。お店によってはハイボール感が強すぎるところもありますが、このお店のはほどよくジンジャエールが入っていました。

海鮮焼き(1,382円)

お好み焼きをしばらく食べておらず、前に食べたお好み焼きは屋形船でのものだったので、しっかり具が入っていることに驚きました。もっとも、当たり前ではあるのですが。。エビ、イカがしっかり入っていましたのを感じました。他のも入っていたかもしれませんが、この2つの味が目立ちます。

また、このお店のお好み焼きは「粉モンを食べている感」を結構感じる味です。味付けもしっかりされたものが提供されるので、お好みでソースとかも付けられるように用意されていますが、私にとっては特段不要だな、と思いました。

スタミナカルビ焼(1,598円)

にんにくが入っている…とは書いてあったのですが、思ったより入っていました。お肉もたっぷりで、上記海鮮焼きとは異なる美味しさでした。本当に「ガツン」ときます。我々最後に食べてしまったので後悔しました。

会計

一人あたり2,500円いかないくらいでした。標準の値段かなぁ、と思います。ちなみに、帰るときに一人ひとつのアメちゃんをくれます。

おわりに

夜の粉モンはガツンときますね。粉モンは栄養価的にはよくないのですが、たまにはいいですね。その日は昼も外食(焼肉)だったので結構きつかったです。翌日から2日の節制生活が必要になりますね。

きつかったというよりむしろ翌朝にアウトになりまして、胃が痛くなり、ペパリーゼ先生の力を借りました。

ペパリーゼ先生は偉大で、すぐに消化活動に移行してくれました。

ごちそうさまでした!

ありがとうございました!

この記事を書いた人

相羽涼太

相羽涼太

読書、手帳術、旅行記・訪問記・食レポ、ジム(運動、食事)、英語学習などを中心に記事を更新します。

インターネットの登場で、「考える」ことが減りがちな今こそ、自分なりの軸を持って、考え、発信していくことを大切にしたいと考えています。

SF(上位10位、2019年1月現在):慎重さ、収集心、個別化、責任感、自我、指令性、目的志向、自己確信、信念、学習欲