ドラマ おっさんずラブ最終話

おっさんずラブ

おっさんずラブ最終話をオンタイムで見た。

予告編では年齢差カップルが予告されたものの、結論、おっさんとお兄さんの恋愛は叶わずで、お兄さんとお兄さんの恋愛に落ちついた。

主人公の春田が、幼馴染のちずと話している場面で、結婚式の衣装、どちらがタキシードでどちらがスカートなの?という議論がされている中、ピシッと、それは「両方タキシードでいいんじゃない?」とすらっと回答。こういった、誤解とか生じかねないところは、ちずを使って視聴者の解釈のズレを直していた。

主人公はあたふたしながらも、はっきりするところは、体を大きく動かし、大きな声で宣言する。こうした宣言は実際のところは難しいところがあるが、主人公が必死に伝えようとしているところからも、メッセージとして強調されている。

最後は、付き合っていた春田と牧がよりを戻し、ハッピーエンド。最後の15秒で、これまで受け身だったのが、積極的なところを出し、中の進展だったり、成長が見られる。

ちなみに、コメディ要素も毎度入れていて、主人公を演じた田中圭を無駄にムキムキと野次るところなど、ちょくちょくコメディタッチのところを入れていた。

最終前話から最終話が飛ばしすぎではあったのだが、最終話の予告見る感じではがっかり展開を予想していたので、ハッピーエンドとなってよかったように思う。

一つひとつをよく見るとベタで分かりやすい展開なのだが、全体フレームを崩しているので、新しい感覚を覚える。面白かったし、勉強になった。

また、本作はSNS上でも話題になったと聞く。SNSが火をつけ、視聴率や満足度に繋がっていくTVのあり方の変容も少し感じた。

なお、プロデューサー談のこんな話を見つけました。

『おっさんずラブ』28歳若手Pが語る、大反響の裏側 「テーマは“働く今どきの男女の恋愛観”」|Real Sound|リアルサウンド 映画部

この記事を書いた人

相羽涼太

相羽涼太

読書、手帳術、旅行記・訪問記・食レポ、ジム(運動、食事)、英語学習などを中心に記事を更新します。

インターネットの登場で、「考える」ことが減りがちな今こそ、自分なりの軸を持って、考え、発信していくことを大切にしたいと考えています。

SF(上位10位、2019年1月現在):慎重さ、収集心、個別化、責任感、自我、指令性、目的志向、自己確信、信念、学習欲

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします