書評「アイデアのつくり方」(ジェームズ・W・ヤング著、今井茂雄訳)

2018年8月の山口拓朗氏の講演会に行き、語彙の豊富さとアウトプットの重要性について学んだ際に、「アイデアを出す」ときに紹介されているため読んでみました。

この記事を書いた人

相羽涼太

相羽涼太

読書、手帳術、旅行記・訪問記・食レポ、ジム(運動、食事)、英語学習などを中心に記事を更新します。

インターネットの登場で、「考える」ことが減りがちな今こそ、自分なりの軸を持って、考え、発信していくことを大切にしたいと考えています。

SF(上位10位、2019年1月現在):慎重さ、収集心、個別化、責任感、自我、指令性、目的志向、自己確信、信念、学習欲