学習効率を増やすための生活の工夫

最近では、英語学習を進めており、そのためにしている工夫をまとめてみた。

家にこもる

どうしても、日本で生活している以上、日本語に触れる機会が多い。それが英語との距離を生んでしまう。

そして、外出すると、町は日本語に溢れていることに気づいた。そうすれば、家にいることを前提とした上で、英語に触れる量を徐々に増やした方がいいと感じている。

実際、かつての私が、毎日どこかに外出しなければならないというよく分からない信条を抱えていたのに対し、現在は、基本的には家にいることとし、コンビニ・ドラッグストア等、外出の動線を極力絞ることにしている。

そして、別に外出せずとも1日は過ごせるし、辛いのは最初の2日だけだった。

カンフル剤を入れる

インプットだけだと飽きてしまう。とはいえ、アウトプットを大量にする次元ではない。

だからこそ、適度にカンフル剤として、「アウトプット」の機会を入れるといいな、と思った。

具体的には、オンライン英会話の活用である。あるいは、発音のクラスなどもいいかもしれない。

あくまで私の場合ではあるが、目・耳・身体の記憶で、身体優位のバランス型だと判断しており、身体を使うことが学習過程において大切になってくる。

しばしば、「本を読む」(視覚優位)とか「1日中ラジオを流し続ける」(聴覚優位)とかの学習法を聞くが、どうしても私は飽きてしまう。そもそも日本語でさえ、本にハマって自然に徹夜近くになったとか、深夜ラジオを楽しんで聞くとかできないタイプだった。

結局、自分の習得タイプに合わせてカスタマイズが必要だと感じる。

Youtubeの活用

アプリを導入すると、観てしまうからと思って、ブラウザからでのみアクセスすることにしていた。

しかし、後から考えると、それが使う時間を増やす原因にかえってなってしまったように思う。

アプリで閲覧すると、動画コンテンツしか見なくなったのだ。それまでは、気になったら検索をかけたり、無意味なネットサーフィンに走ってしまっていたのだ。

その上で、英語系チャンネルを登録しておくと、Youtubeを見ている時間は休憩の域を大きく上回り、後悔するレベルになる可能性はかなり減ってきた。何より、休憩の域を超えた日が生じたとしても、英語で話しているチャンネルも見ていれば、自分のメンタルへのダメージが小さい。

この記事を書いた人

相羽涼太

相羽涼太

読書、手帳術、旅行記・訪問記・食レポ、ジム(運動、食事)、英語学習などを中心に記事を更新します。

インターネットの登場で、「考える」ことが減りがちな今こそ、自分なりの軸を持って、考え、発信していくことを大切にしたいと考えています。

SF(上位10位、2019年1月現在):慎重さ、収集心、個別化、責任感、自我、指令性、目的志向、自己確信、信念、学習欲