本当に必要な服のみを残す

年末が近づいてくるとどうしても気になるものがある。

それは、「来年の目標」と「断捨離」である。

そして、断捨離で服に着手したとき、未だに要らない服が割と存在していたことに気づいた。

どんな服をストックしておけばいいのか考えた。

首が苦しくないか

昔からの癖による独自基準として、首周りが苦しいと、その段階で着こなせない。

習い事として算盤をしていた時代に首をガクッと曲げてやっていた悪癖による弊害と思われるのだが、どうしても、首回りに衣服の生地があると気持ち悪く感じてしまうのだ。

これだと、冬に着られる服がかなり限定的になってしまうのだが、仕方ない。そして、その観点からも、タートルネックなどを着ている人は凄いなあ、と心から思ってしまう。

数度着てみたが、1日中違和感を感じたのち、その次の日からクローゼットを出ることがなくなるので、これは基準へと昇華してしまった。

洗濯乾燥機が使えるか否か

次に洗濯基準がある。

相当数の服が、洗濯したり、乾燥機を使ったりすると縮んでしまうので、本当に困る。それでも特に冬場はカーディガンなどを使うのだが、洗濯の手間がかなり多くて嫌になる。

伸び縮みの悩みを抱えずにいられる服がベターだと感じている。

予備的な服は要らない

個人的に、どうしても、好きな服を見つけると、スペア的に同種の色違いなどを購入してしまう癖がある。

しかし、そのスペアはまあ着ないのだ。クローゼットに眠り続けている。

そして、着ている服が替え時になると、そのスペアの出番になるのだが、正直、ここまでクローゼットで管理をするのであれば、もはやダメになったときに購入してしまった方がいいと考えた。

買い物に行く時間が確保できないと、数日間は不便には感じるとは思うが、物理的に着ることができる服がないという訳ではないので、何とかはなるのだ。

もちろん、安心を買っているともいえるのだが、しばしばスペアを数回着てただけで捨てたことのある経験から、数日間の不便の方が結果的に得られる便益が多いのではないか、と感じている。

この記事を書いた人

相羽涼太

相羽涼太

読書、手帳術、旅行記・訪問記・食レポ、ジム(運動、食事)、英語学習などを中心に記事を更新します。

インターネットの登場で、「考える」ことが減りがちな今こそ、自分なりの軸を持って、考え、発信していくことを大切にしたいと考えています。

SF(上位10位、2019年1月現在):慎重さ、収集心、個別化、責任感、自我、指令性、目的志向、自己確信、信念、学習欲