1日でやることを時間軸で分ける

大切な午前中

これまでは「朝」だと思っていたが、純粋に起きたてだと目覚めていないためにやりにくいこともあり、起床してから1〜2時間経過したあたりが1日の中でもっとも良いパフォーマンスを発揮しているように思う。

そして、その時間帯にやっていることが1日を決めるといっても過言ではないと感じている。午前中の過ごし方が自分の中で満足できていれば、その後の進捗に差はあれど、概ね満足になりやすい。

気力で繋げる午後前半

午後になると、午前中ほどの気力はない。ただ、13時〜15時くらいまでは、重めの作業系タスクであっても何とかできる域にはいる。

とはいえ、午前中に比べてしまうと、「よしやるぞ」くらいの気合いは事前に入れる必要があるので、何ともいえない時間帯でもあるとは思う。

何とか凌ぐ午後後半時間

個人的には、16時から夕食までの時間帯がキツく感じることが多い。なかなか作業に取り組む気合いが湧かなかったり、おやつが無性に食べたくなってしまうのもこの時間だ。

この時間は、打ち合わせなどの「話さないといけない状態」だったり、例えば映画を見るなど、強制感があり、一定の枠を強制的に食われるタスクが向いているように感じている。

昼寝できないケース

予定の具合や、決して「どこでも寝られる」スキルがない私にとって、昼寝ができなかった際の午後時間はなかなか苦しいものがある。

体感としては、15〜16時くらいまでは何とかはなるのだが、そこ以降のパフォーマンスがガクッと落ちるのだ。

資料を読む・メールに返信するなど、低負荷のものであれば実行できるのではあるが、特に、資料を作成するなど、「頭を使って書く」タスクはなかなか厳しい時間になってくる。

また、何か新しいことを学ぶ際も、この時間帯は正直苦しい。

もちろん、やろうと思えばできなくもないが、かなりハードルがあるように感じられる。

昼寝できたケース

昼寝の評価はなかなか難しいものがある。

まず前提として回復することは間違いない。意志力・気力などが大分回復する。

とはいえ、あくまで回復するだけであり、午前中ほどの気力はないのだ。あった方がいいが、期待値が上がり過ぎてしまっているので、「それほどでもない」とは感じてしまう。

それでも、昼寝ができると、午後後半のキツイ時間帯も何とか凌ぐことができる。

ヘトヘトな夜時間

そして、夜の時間は気分に左右される面が大きい。

クリエイティブなことをするのに向いているらしい。確かに、夜歌を歌うことがあると、割と気分良くできるような気もする。

あとは記憶の時間であるらしい。疲労感との戦いではあるが、戦いつつも見返していると、この時間で見返したことの記憶力はなんかいいものである。

色々やってきたが、「自分で書いたノートの見返し」「1読以上した読んだ本を読む」あたりが良さそうだし、続けられそうだと思う。

この記事を書いた人

相羽涼太

相羽涼太

読書、手帳術、旅行記・訪問記・食レポ、ジム(運動、食事)、英語学習などを中心に記事を更新します。

インターネットの登場で、「考える」ことが減りがちな今こそ、自分なりの軸を持って、考え、発信していくことを大切にしたいと考えています。

SF(上位10位、2019年1月現在):慎重さ、収集心、個別化、責任感、自我、指令性、目的志向、自己確信、信念、学習欲