変化を求める環境と、変化への不安

無意識の押し殺し

組織の中にいると、どうしても上下関係というものが存在する。

そして、上司の業務命令を部下は聞かなければならないという構造がある。ただ、その代わりに、何かあった際に上司は責任を取るということにもなるのだが、これが必ずしもそうでないように思われるため、半沢直樹に出てくる適役のような悪いイメージが付く。

ただ、トップでない限り、どうしても上の立場の人はいるので、その人をある程度慮る必要がある。問題はその程度である。

ここで何らかの文脈で下の立場にある場合に注意したいのが「無意識の気持ちの押し殺し」である。たとえ自分は案外思ったことを言っていると思ったとしても、どうしても「気分を害さないように」とかある程度配慮をしているのだ。

そして、ストレスが知らないうちに溜まっている可能性があるのだ。その点は注意しなくてはいけないな、と常に感じている。また、そんなストレスが溜まり続ける状況が長く続くようであれば、環境を変えることも辞さない覚悟が必要になってくる。

小規模化の時代

テレビや新聞が世論をコントロールしていた時代から、SNS・Youtubeなどが登場し、多くの人が参画することにより、報道のあり方が変わりつつあるとは言えるだろう。

もちろん、テレビ・新聞からシフトしたくない層というのもまだ一定数いるが、今から20年後にその層がどの程度いるのかというと、少なくともあまり多くないように思われる。

一番分かりやすいのはこの事象ではあるが、ビジネスにおいても、古くからある大企業の力はそこまで強くなくなってきていて、少し気運が変わりかけているようにも思える。

その意味では、まだまだ既存の制度は残っているものの、それでも、既に人の「安心感」はなくなってきている。

しかし、それでも人間は社会的動物ではあるので、完全に独りでいることはできない。そんな中でどうコミュニティを作り、人と協力し合うのかが大事だと強く感じている。結局は自分で動き、自分で生き抜いていくことが大事だ。

この記事を書いた人

相羽涼太

相羽涼太

読書、手帳術、旅行記・訪問記・食レポ、ジム(運動、食事)、英語学習などを中心に記事を更新します。

インターネットの登場で、「考える」ことが減りがちな今こそ、自分なりの軸を持って、考え、発信していくことを大切にしたいと考えています。

SF(上位10位、2019年1月現在):慎重さ、収集心、個別化、責任感、自我、指令性、目的志向、自己確信、信念、学習欲