孤独について考え、対策を打っておく

孤独の問題

孤独は寿命を短くしてしまうなどとしばしば言われている。

データ自体に疑義を呈するものではない。孤独が良くないというのはそれはそうだと思うし、だからこそ人間は「社会的動物」と言われていると考えている。

とはいえ、その傾向は構造的なものである。少子化・核家族化が進み、地域のコミュニティが崩壊していき、人間関係が希薄化している動きは今に始まったことではない。また、その勢いが止まり、密接な地縁関係が復活するという訳でもない。

どう考えるのが良いのだろうか。

外向型人間と内向型人間

孤独の問題を考えるとき、外向型と内向型の話を早期する。

外向型であれば、パーティーに参加したり、複数のコミュニティーに所属し、コミュニケーションを楽しんでいる人も多いだろう。

しかし、内向型の場合、必ずしもそれを必要としていないばかりか、知らない人の集団に入ると、それだけで相当のエネルギーを使ってしまうのだ。

そうなると、内向型人間は絶望するように思ってしまう。実際、内向型人間である私は、「孤独は良くない」系の内容を見る度に、もどかしさを感じていた。

孤独「感」が問題

孤独については、実際端から見ればそういう状態であっても、幸せに生きている人もいる。

孤独の問題は、どこが問題かといえば、慢性的な孤独感を原因とした誤った思考パターンにあると考える。

そこに対処をして、孤独感さえなくなれば、それでいいのだ。もちろん、その上で、好きな人たちと過ごせれば付加的な価値はあるが、実際、24時間ずっと人といることはできず、孤独を感じることを全くなくすことはできないはずである。

実感から考える限り、自分の中での解釈の要素も大きいはずである。

不安を遠ざける

そう考えると、孤独も結局不安への対処と同様であり、自分が「幸せ」と感じられる時間を出来るだけ増やし、不安を遠ざければいい。

繋がっている感を自分が感じていればいいのである。

その点で、瞑想は自然との繋がりを感じることができるし、あるいは緑を散歩するなどでも効力はある。

その上で、好きな人・尊敬する人と密度の濃い時間もあればより良いと感じる。

この記事を書いた人

相羽涼太

相羽涼太

読書、手帳術、旅行記・訪問記・食レポ、ジム(運動、食事)、英語学習などを中心に記事を更新します。

インターネットの登場で、「考える」ことが減りがちな今こそ、自分なりの軸を持って、考え、発信していくことを大切にしたいと考えています。

SF(上位10位、2019年1月現在):慎重さ、収集心、個別化、責任感、自我、指令性、目的志向、自己確信、信念、学習欲