ニオイから健康の意義を捉えなおす

臭いというのは本当に恐ろしいものである。

いい匂いであったら仲良くなれば褒められるかもしれないが、基本的には触れられることはない。

しかし、臭い匂いには敏感である。もちろん、相手を傷つけることになるので、基本的には「臭い」とは言わないものの、正直、臭いが気になってしまうと話が頭に入らないくらいには大きな影響がある。

街とかでしばしば臭いを感じることがあったので、考えてみた。

加齢臭

一番怖いのは加齢臭である。加齢臭が臭ってくると、電車の中でも気になってしまう。

そして、怖いのは、太っている方が臭いイメージが強いが、痩せているからと言って匂いがしない訳ではない。

共通点はあるのだろうが、側から見ている分にはあまり法則性が見出せないので、怖さを感じる。

タバコの匂い

タバコの匂いはよく分からない。

体臭と結びついているということなのかもしれないが、それにしても渋い匂いになっている人と、くさい臭いになっているケースとがある。

時にヘビースモーカーなのに匂いがしない人もいるので良く分からない。

とはいえ、タバコ吸っているな、という臭いがすることは多いので、恐らく吸わない方がいいのだろうな、と思う。

香水の問題

それでは、香水を付けていればそれでいいのか、という論点もある。

個人的には香水の匂いはあまり好きではない。人工感がどうしてもあり、そこに違和感を感じるのだ。

そして、日本ではあまり付けることによるメリットは多くないんじゃないかな、とも思うのである。

付けてみたことはあるが、まず、付けていたとしても、「いい匂いだね」と褒められる機会は正直ほとんどなかった。実際、匂いを褒めるというのはなかなか難しいと思う。ある程度仲良くないと話題に触れることさえ難しいだろう。

そして、仮に褒められたとしても、あくまでそれは香水のお陰なので別に嬉しくなかった。逆に付けないと「あれ、付けてないの?」とか言われるし、それもまた面倒である。

そして、問題は香水は、往々にして多量に付けてしまうことである。私も何度かやってしまったことがあるが、あれは自分では気づけないから怖いものである。

実際、街に出るとしばしば大量に付けている人に出会う。香水のキツさがあり、正直話をしていると話の内容より香水の匂いの方が気になってしまう。本能に訴えかけ、集中を奪おうとしてくるように感じるのだ。

だからこそ、匂いを良くする方の努力についてもなかなか難しい問題がある。

自分では分からない「匂い」

自分の顔や身体については鏡を使うことにより見れるし、声も録音して聞けば客観視できる。

しかし、匂いについてはほとんど可視化できないのだ。計測機器はあるにはあるが、他の箇所に比べてはるかにコストがかかる。

だからこそ恐怖感がある。正直、「臭い人」ではありたくないと思う。

そして、これに関しては対処療法だともはやどうしようも出来なくなってしまう。根本療法しかないのだ。

しばしば「若い頃は無理が効くけど…」という前置きが言われているが、無理をし過ぎた結果の1つが臭いであるように感じる。そして、そう捉えてみると、健康であることに意識を払うことに意義を感じられるようになってきた。

この記事を書いた人

相羽涼太

相羽涼太

読書、手帳術、旅行記・訪問記・食レポ、ジム(運動、食事)、英語学習などを中心に記事を更新します。

インターネットの登場で、「考える」ことが減りがちな今こそ、自分なりの軸を持って、考え、発信していくことを大切にしたいと考えています。

SF(上位10位、2019年1月現在):慎重さ、収集心、個別化、責任感、自我、指令性、目的志向、自己確信、信念、学習欲