お酒を飲んだらどうなるかを把握する

お酒を飲んだとき、パフォーマンスは必ず低下するが、満足する会と後悔する会がある。そして、後悔する原因は、同じような経験をしているのに、「また」してしまうからである。

とはいえ、お酒を飲んでいるその瞬間はハッピーに感じてしまうので、疲れている夜に急遽誘われて断るのは容易ではない。他方、こうした急遽の誘いが重大な転機のきっかけとなりうるものではあるので、全て断るのがいい訳ではないと私は考えている。

行動パターンを決めておく必要があり、そのための準備が必要である。

飲まないに限る

「飲み会を通じた交流」なるものは厳然と存在しており、全員ではないが、少なくとも一定数の人が、飲み会などで交流を深めた方が色々な話をしやすくなり、相談もしやすいのは事実である。

他方、身体を考えると、どうみてもお酒は飲まないに限る。仮に水を飲んで上手くダメージコントロールしたとしても、翌朝のパフォーマンスは少し低下してしまう。中長期的に考えると健康を害する側面もあるが、それでリスクをありありと想像するのは難しいので、パフォーマンスが下がるし、身体がダルくなるのがデメリットとして大きいと感じる。

総合すると、お酒は強い人は別かもしれないが、原則論としては「飲まない」とした方が自分自身のためになるとは思う。

しかし、はじめに述べたメリットの側面は消えてはいない。そのため、例外を作る必要性はある。例外も頭に入れた上で、生活を構築するため、お酒を飲むパターンを決め、知っておく必要がある。

1、2杯で控えられる場合

時折、お酒が1〜2杯で完了する飲みの場がある。

これは翌朝の予定がある場合や、周りがお酒を嗜む程度の方が多数を占めていた場合などに限り実行できる。

そんなときは、配慮も働かせることができ、水を飲むことを忘れないことも多い。ここで控えることができれば、翌日のパフォーマンスは落ちるが、会話の記憶率は高い。

ただ、これは正直運の要素が大きい。如何に緊張するような場であっても、周りが猛者であれば1〜2杯で控えるのは難しい。

それでも食欲に関しては少し乱れてしまう。いつもより食べてしまうし、翌日インターバルを挟めれば、元に戻っていく。

3杯以上

私の場合、体感として、3杯以上のお酒を飲んでしまうとタガが外れてしまう。水を飲むことでさえどうでも良くなってしまうことも多い。

そして、翌日のダメージは避けられない。朝に仮に起きられたとしても一時的な話で、横になる時間が必須になる。翌日は14〜15時頃まで潰れてしまう。

また、食欲のコントロール力も失われてしまう。しばしばお酒だけを飲む人はいるが、私はどうしても食べてしまう。そこから戻すのに2日ほどかかる。

メンバーを選ぶ

まず、お酒を飲んだ場合、他の人は違う場合もあるかもしれないが、飲んだ後しばらくはパフォーマンスの低下状態になる。

それは、一緒にいるメンバーが楽しかろうが義務感があろうが等しく降りかかる。

そうであれば、楽しくないと思われるところには行かなくて良い。

職場での飲み会は典型例であると思う。減少傾向にあるとはいえ、飲み会文化で育ってきた世代のこれまでの蓄積がある以上、完全に消える兆しは見えてきてはいない。

また、楽しくても注意が必要なケースもある。典型例が旧友との飲み会である。その中の話題が過去の話に終始した場合は、デメリットの方が大きいと判断する。私はフェードアウトしたいと思う。

人間に与えられた時間は等しく24時間である。それを上手く使えるかどうかは数ヶ月のスパンで見ても大きな違いとなってしまうのだ。

短期の視点で考え過ぎない

お酒を飲むと、飲んだその瞬間には楽しい気分になる。だからこそ、意思力が低下している時間帯には注意が必要である。

お酒を飲まない方が、パフォーマンスの観点では良いとは思う。しかし、まだまだ人とゆっくり話す場合にはお酒が入ることもしばしばあるというのが実態だと思う。

そして、メンバーにもよるが、楽しい会であればいつもよりも時間が過ぎると思う。自分のパフォーマンスの落ち方を冷静に考え、行動パターンを決めておけば、急な誘いがあったときに、場面に応じた返事ができるようになる。

この記事を書いた人

相羽涼太

相羽涼太

読書、手帳術、旅行記・訪問記・食レポ、ジム(運動、食事)、英語学習などを中心に記事を更新します。

インターネットの登場で、「考える」ことが減りがちな今こそ、自分なりの軸を持って、考え、発信していくことを大切にしたいと考えています。

SF(上位10位、2019年1月現在):慎重さ、収集心、個別化、責任感、自我、指令性、目的志向、自己確信、信念、学習欲