部屋の生産性を高めるために生活様式を変える〜運動編〜

最近の私の関心は環境を変えることにある。

意思力には限界があり、どれだけ「やるぞ!!」と思っても夜になるとしっかり疲れを感じている。

だからこそ、できる限り環境を整え、集中できる環境を構築していくことが大事である。

そして、私はかねてから運動は大事だと思っていて、よく考えてみると、運動をしっかりしているときの方が良いパフォーマンスを発揮していた。

そのため、環境を変えてみることにした。

スタンディングデスクの導入

1日の中で、どう考えても大半の時間を着席して過ごしている。

そのため、色々情報を漁って、結局、スタンディングデスクを導入することにした。一応、昇降式を購入し、元の生活に戻せるようにはしつつ導入してみた。

導入してみて、私は最初の3日間は違和感があったが、生活にメリハリがつくようになった。

何がいいかといえば、私の中で一番いいのは、朝時間のパフォーマンスが一定化することにあった。

朝ダレてしまう日が突如としてあるが、なぜそれが起こるかといえば、身体をしっかり起こせていないからだ。

その点、スタンディングデスクを導入すると、立つ時間が強制的に増える。それにより、朝ダレることがなくなった。

運動量確保の点はそうだが、無意味なダレ防止の観点でのメリットが多いと思った。

ランニングマシンの導入

ただ、スタンディングデスクだけだとどうも私には物足りなかった。購入するための一歩が踏み出せなかったのだ。

というのも、立って作業するイメージがつかなかったのだ。仕事場でスタンディングデスクを導入している企業もあるとニュースでは聞くが、私は直接見たことはなかった。

そのため、同時にランニングマシンを家に導入することにした。

この2つの同時導入はして良かったと思う。今のところ、このお陰で、運動不足であることは基本的になくなった。

実際、ランニングマシンさえ使う時間を毎日設ければ、1日1万歩を下回ることは基本的になくなると感じる。

ジムを辞める

ランニングマシンの導入と引き換えに、ジムに行くことを辞めることにした。

運動の中で特に動くことに関しては、「ちょくちょく」やるのが大事になる。それにも関わらず、ジムに行くために着替えて、外に出て、靴を履いて…とする必要がある。

また、夏の時期には冷房が効いている。冷房ゼロはキツイのだが、かえって冷房が効きすぎているのも嫌なのだ。冷房が効きすぎていて、運動しているのになかなか汗をかかない。

運動する目的の1つは汗を流してリフレッシュ効果を得ることにもある。にも関わらずその効果が半減してしまう。

そして、決め手は、ジムがマスクが必要になってしまったことだ。ある夜に行ったときに忘れたときがあったが、そしたらジムから昼間に電話連絡が来た。夜利用で、他の客は2人で、社会的距離は十二分に確保されていたが、監視の目は厳しい。

ジム機器の間引きにより、時間帯によっては人数は少ないのに使いたい器具(特にランニングマシン)が使えなかったりして、不便には感じていた。

その上で、上記により、業務中に電話が来ることになった。これは生活を変えよという信号であるように私には見えた。

この記事を書いた人

相羽涼太

相羽涼太

読書、手帳術、旅行記・訪問記・食レポ、ジム(運動、食事)、英語学習などを中心に記事を更新します。

インターネットの登場で、「考える」ことが減りがちな今こそ、自分なりの軸を持って、考え、発信していくことを大切にしたいと考えています。

SF(上位10位、2019年1月現在):慎重さ、収集心、個別化、責任感、自我、指令性、目的志向、自己確信、信念、学習欲