タスクの実行順を捉え直す〜受動的な時間を減らすために〜

1日という時間は、一見長いように見えて案外短いものです。

しかし、その1日という時間の中でも、「何をどの順番でやるか」ということは思ったより大事で、日々のパフォーマンスを左右します。

受動的な時間は控える

そもそも、人が日々成長し、前進していくためには、主体的に行動していくことが大事だと感じています。

特に私の場合、少しでも受動的な対応になってしまうと、極端にモチベーションが低下してしまいます。この点、これまで無自覚であったのですが、私は人よりもその傾向が強いです。

そう自覚したとき、日常においても、できる限り受動的な時間を減らすことが、私の充実感に大きな影響をもたらすことに気づきました。

移動中はYoutubeを許可していた

とはいっても、主体的な時間は、エネルギーを使う時間である訳なので、適度な休憩を入れることはマストで必要です。

その中で、手軽に取れる休憩として、散歩の時間を意図的に入れています。そして、散歩の時間については、Youtubeの視聴を自分の中で許可していました。

しかし、それをしていると、夜にパフォーマンスがガタ落ちすることに気がつきました。原因が分からず、それでも異様に疲れていることだけは自覚していました。

脳の思い込み

当たり前ではあるが、気づかなかったのは、「新しい概念をインプットするのは疲れる」ということでした。

散歩中に開くYoutubeでは、学びに資するコンテンツを聞いているか、歌を聴いているかでしたが、それもパワーを使うことであることを認識しました。

他方で、昼間に動画を見ていても、夜になるとまた見ていることにも気づきました。そこから、時間配分に改善の余地があるということか、と思うようになってきました。

夜にできることは限られる

その疲れを自覚した頃、夜時間についての気づきもありました。それは、「夜は主体的な活動ができない」ということです。

もちろんできる日はあります。しかし、「毎日できるか」と聞かれると、明快に「できない」と返答するレベルで厳しいことが分かってきました。

おそらくこれが、「気力が疲れている」という状態だと思いますが、まだ身体には余裕があっても、活動ができないのです。ブログを書いたり、ノートに思考をまとめたりということをやろうとすると、手が止まることに気づきました。

しかし、その時間は、まだ睡眠する程には身体的には疲れていません。だからこそ、この時間に受動的活動を充てるのが良かったのです。

夜に受動的活動を入れていく

現在、動画視聴は夜にするようにしています。

とはいえ、その中でも色々と試行錯誤が必要なことが分かってきました。今分かってきているのはこのような感じです。

動画視聴であれば、学びの関係であれば、21時くらいまでであれば聞けます。それ以降は新しい概念の理解は難しいです。リピートし続けているものを、記憶の強化のために聞くのであれば可能です。

また、散歩についても、無理に昼にする必要はありません。1日を通じてちょくちょく動いていればいいのです。そのため、夜散歩も案外いいものだと思っています。ただし、意志力も弱いのでコンビニに寄ってしまうので、ルートを決めて短時間に限定する必要があります。

関連記事

↓こちらです↓

この記事を書いた人

相羽涼太

相羽涼太

読書、手帳術、旅行記・訪問記・食レポ、ジム(運動、食事)、英語学習などを中心に記事を更新します。

インターネットの登場で、「考える」ことが減りがちな今こそ、自分なりの軸を持って、考え、発信していくことを大切にしたいと考えています。

SF(上位10位、2019年1月現在):慎重さ、収集心、個別化、責任感、自我、指令性、目的志向、自己確信、信念、学習欲