歌のオンラインレッスンを受けて普段から声を出す必要性を知った

先日、歌のオンラインレッスンを受けてみました。本来、対面式だったのですが、昨今の事情から切り替えが行われたものです。

しかし、やってみると、歌でなく、喋りの方で気づいたことが多くありました。3点に絞って教訓を紹介します。

声を出す機会は持っておこう

先日、オンラインで歌のレッスンを受けてみました。

その際に知ったのは、歌についてというよりは、自分の話し方について発見があったということでした。

しかし、その前にオンラインレッスンを受けて感じたことがありました。

それは、「大きな声を出すのが非常に困難になっている」ということでした。確かに、ここ2〜3ヶ月ほど、大きめの声を出す機会が全くありませんでした。

普段であれば、人が集まる場所に複数人でいけば、大きめな声で話す必要がある場合も多いですし、オフィス内も人が多いので、遠くに響かせる必要のある場面がしばしばありました。

しかし、ここ3ヶ月ほどは、オンラインでのやりとりが増加し、そのやりとりではPCに向けて話せば良いので大きな声は不要です。また、当然ながら人の多いオフィス・カフェ、飲み会のようなこともなくなったので、大きな声を出す機会が全くありませんでした。

その結果、歌のレッスンをしてみると、とにかく声が出ないのです。説得力のある力強い声を目指しているので、声を普段から出しておく必要性を感じました。

早口言葉は発音ポイントを手に入れる訓練

私は早口言葉が昔から苦手でした。飲み会でやれば鉄板の芸になる程度には苦手です。

おそらく、ここで滑舌に苦しんでいたら、克服する方向に既に動いていたとは思います。しかし、別に滑舌で頻繁に聞き返される傾向にはないので、ずっと放置していました。

あまり「笑われる」笑いは好きではないのですが、とはいえ、手品など準備なしにネタにはなります。

とはいえ、なぜこんなにも苦手なのかは不思議ではありました。他方で、始めからパッとできる人も(割と)いることから、不思議なままでその疑問を解決しようとは思いませんでした。

しかし、原因が分かると、滑舌訓練をしようと感じます。

私ができなかったのは、

・炙りカルビ

・生麦生米生卵

です。

そして、それぞれのカラクリは、

・炙りカルビ → 「ら」行がポイント。ら行発音時に下を上顎に付ければできる。

・生麦生米生卵 → 「ま」行がポイント。ま行発音時に口を閉じ切ればできる。

だったのです。

私の場合、「頑張って発音」はできていました。しかし、正しい形で発音せず、無理をしているので、少し話したり、歌うだけで疲れてしまっていたのです。

口を縦に開く

男性に特にありがちなのだそうですが、私は、極端に口を横に開きがちであることを自覚しました。

これについては、指摘されたことだけでは足りず、ZOOMやSkepeを利用すると、話している自分が見えるので、自分で自分を見てようやく自覚することができました。

たとえば、「い」は、実際は口をそこまで横に広げずとも発音できます。しかし、私の場合は、極端に歯を見せる形で話していました。

そして、「お」の発音では、ある程度口を縦に開ける必要があるのですが、私は「う」の場合でないと、ものすごく口を開けるのに難儀しました。

横に広げ過ぎると何が悪いのかといえば、無駄な力がかかっているので、顎が筋肉痛になってしまうということです。

確かに、私の顎はしばしば動きが鈍ることがありました。それは、筋肉痛だったんだなあ、とようやく長年の疑問が解けました。

関連記事

↓こちらです↓

この記事を書いた人

相羽涼太

相羽涼太

読書、手帳術、旅行記・訪問記・食レポ、ジム(運動、食事)、英語学習などを中心に記事を更新します。

インターネットの登場で、「考える」ことが減りがちな今こそ、自分なりの軸を持って、考え、発信していくことを大切にしたいと考えています。

SF(上位10位、2019年1月現在):慎重さ、収集心、個別化、責任感、自我、指令性、目的志向、自己確信、信念、学習欲