Push up(腕立て伏せ)のメニューを増やしてみる〜メニューの捉え直しから始める〜

なぜpush upをやる必要があるのか

push upメニューをすると、胸の筋肉が大きくなります。かつての私はそこを懸念していました。

しかし、私の場合は、やらないとかえって不恰好になることに気づきました。というのも、かつて水泳をやっていたことから、私は肩幅が一般人より広めだからです。

実際に、身長のみで服をみると、肩幅で苦しさがあることが多く、服選びが面倒だったりという弊害が起きています。

肩幅が広い場合、どうしても外観からすれば「ガタイが良さそう」側に寄ってしまうのです。そうだとすれば、それに合わせた身体づくりの方向性がいいかな、と思うようになってきました。

少しずつしかマスターできない

ネットで「筋トレ メニュー」と調べた上で、ブログでもYoutubeでもいいのですが見てみると、私は情報量の多さに目が眩みます。

発信側と受信側の知識差を強く感じました。しかし、人間は、1つずつしかできません。頑張っても3つです。

そして、それでいいのです。

他人との比較は終わりです。見るのは自分が「正しい」「行動量」です。

「正しさ」では習わずにやることはやめることで、行動量はそのままやった回数です。方向性が間違えていなければ、あとはやり続けるだけです。

時にネットの情報に踊らされそうになりますが、実際は、正しい行動を積み重ねれば、成長するのです。

唯一比較してもいいのは数ヶ月前の自分です。その比較も注意で、ずっとやると成長を実感できなくなります。成長を実感するという目的で忘れた頃に比較すると、成長を感じることができます。

現状

現状やっているのは、

・普通の腕立て伏せ

・腕を狭めてやるメニュー

・腕を広げてやるメニュー

・片腕のみでやるメニュー

の4つです。

20秒やって、10秒休んでを8セットやって、これらを回していました。

そして、本当に成果が分かりにくいのですが、ログとして写真を取るようにすると、3ヶ月前と比べると、少し胸筋がついてきたような気もします。3ヶ月前よりは私自身が感じる醜さレベルが低減した気がします。

部位の筋肉量を数値化して見られるようにすると、可視化が進むのですが、自宅レベルではそこまでの数値化は難しいところです。

ただ、同じメニューをしばらく続けていると、少しマンネリ化を感じてしまいました。

メニューを追加してみる

メニューを追加するのは思っているより簡単なことではありません。

何より、ネットを見れば情報は落ちているのですが、あまりに色々なメニューがあり過ぎて、初心者にとっては迷いのタネになります。

少しずつ追加するのがいいと思っており、今回2つの追加をしてみました。

大胸筋上部

1つ目は、大胸筋上部を鍛える自重トレーニングの追加です。

ここを鍛えることで、Tシャツ上からの見栄えが良くなるようです。

(参考)

胸の中央部を鍛える

もう1つは胸の中央部を鍛えるトレーニングの追加です。

整った胸筋になり、見栄えが整ってくるようです。

(参考)

ボディメイク関連の記事は他にもたくさん!もう1記事いかがですか?

↓こちらです↓

この記事を書いた人

相羽涼太

相羽涼太

読書、手帳術、旅行記・訪問記・食レポ、ジム(運動、食事)、英語学習などを中心に記事を更新します。

インターネットの登場で、「考える」ことが減りがちな今こそ、自分なりの軸を持って、考え、発信していくことを大切にしたいと考えています。

SF(上位10位、2019年1月現在):慎重さ、収集心、個別化、責任感、自我、指令性、目的志向、自己確信、信念、学習欲