【まとめ】ストレングスファインダー全34資質〜個々の得意を知り、winwin関係を構築する〜

ストレングスファインダーの関連記事をまとめている記事になります。

人の大体の傾向を考える上では、ソーシャルスタイルが便利です。一瞬で大まかな傾向を把握することができます。

(※一番下にさらっと触れています)

しかし、実際の人間はそんなに単純なものではありません。会社での同僚やプライベートのパートナーについては、このざっくりした分析では足りませんし、また、「この人はこういう傾向のある人」と思っていると、想定外の動きをすることがしばしばあります。

そうした矛盾も精度高く説明してくれるのが、ストレングスファインダーを用いた分析です。人の細部を分析する上でかなり有用だと思っています。

総論

ストレングスファインダーの良さ

各資質の説明

1位:慎重さ

リスクを検討し、選択肢を絞って行動します。慎重さという言葉はマイナスイメージが強いですが、この資質の系統は実行力に属する資質であり、何も行動しない訳ではありません。

2位:収集心

https://akky3.com/archives/3164

17位:内省

自分で考える天才です。時間をかけて、自分の内側で対話をし続けるので、発する言葉に深みがあると感じることも多いです。

(都度加筆)

この記事を書いた人

相羽涼太

相羽涼太

読書、手帳術、旅行記・訪問記・食レポ、ジム(運動、食事)、英語学習などを中心に記事を更新します。

インターネットの登場で、「考える」ことが減りがちな今こそ、自分なりの軸を持って、考え、発信していくことを大切にしたいと考えています。

SF(上位10位、2019年1月現在):慎重さ、収集心、個別化、責任感、自我、指令性、目的志向、自己確信、信念、学習欲