歯医者の定期検診は必須だなと改めて感じた

習慣化のときの代表例として、「歯磨き」が出ますが、歯磨きが雑になってしまうことがしばしば問題になります。

実際の「歯磨き」はもっと丁寧で面倒なものなのです。

先日歯医者で定期検診を受けました。歯磨きの指導もされたので、定期検診をした際に感じたことをまとめておきます。

ソフトなマウスピースに変えた

定期検診を経て、マウスピースを変えました。

以前はハードなマウスピースを使っていたのですが、それだと削れてしまっていて、作り直す必要があるレベルであったようです。

そのため、ソフトなマウスピースに変えてみました。寝るときの歯ぎしりが一切なくなるといいのですが、無意識下のコントロールは容易ではありません。

ただ、マウスピースを着けて寝るときに、その存在が気になることは減ったので助かっています。

意図せず血が出ていた

奥歯を手入れいただいた後、「血が出ているからしっかり濯いで下さい」と言われました。確かに血の味をほのかに感じます。

血が出るか否かは1つの基準のようなものだと捉えており、今回は奥歯で血が出たので、奥歯がそれほど弱っていることを自覚しました。

歯の裏と奥歯は磨けていないことが多いので注意したいです。

適切な定期検診機会はどの程度か

歯については特に定期的に見てもらう必要があるな、と感じています。

理由は分かりやすく、歯垢・歯石の有無を自分では確認しにくいからです。「今回は大丈夫だろう」と思っていても、毎回のごとく「ここが汚れていますねー」と指摘されます。

歯は鏡があれば確認することはできるものではあるのですが、鏡を使わないと分からない分面倒ではあります。そのコントロールは難しいものです。

とはいえ、歯は大切な器官の1つで、蓄積されたダメージが元に戻らないこともしばしばあります。

だからこそ、定期検診がマストです。今は4ヶ月に1回としています。

タイミングについては、私の中では半年では少なく、2ヶ月に1回だと多く感じているのですが、まだ適切な頻度は確信を持てていません。

リズムを掴み、年間を通して綺麗な歯でありたいものです。

他のタスクに追われていると疎かになりがちなのも歯なので、留意しようと思います。

口臭に注意したい

今後の観点として、自分で分からないからこそ注意したいのが「口臭」です。

口臭については、他人の臭いは分かるのですが、自分の臭いは自分では分からないので恐ろしいものです。そして、他人の臭いを感じたところで、普通は指摘されることもありません。

そして、歯垢などがその原因になってくるので、日頃の蓄積が大きなところになると言えるでしょう。

だからこそ、口臭には注意したいと心から思います。「自分の目で見えないこと」ほど注意を払うべきであり、口臭には配慮していきたいものです。

関連記事

↓記事はこちらです↓

この記事を書いた人

相羽涼太

相羽涼太

読書、手帳術、旅行記・訪問記・食レポ、ジム(運動、食事)、英語学習などを中心に記事を更新します。

インターネットの登場で、「考える」ことが減りがちな今こそ、自分なりの軸を持って、考え、発信していくことを大切にしたいと考えています。

SF(上位10位、2019年1月現在):慎重さ、収集心、個別化、責任感、自我、指令性、目的志向、自己確信、信念、学習欲