200326_本日の英語学習25

Speaking

Spacecraft Launched to Take Closer Photos of the Sun

(単語CK)

celebrity:有名人

orbiter:軌道衛星、周回宇宙船

groundbreaking:草分けの、パイオニア的な

manned spacecraft:有人宇宙船; 有人衛星; 有人宇宙機

(参考URL)

(所感)

・会話をして、私が話した内容は概ね理解されたようには思うが、何のフィードバックもないのも困るなあ、という感じ。bad→negativeにしよう意外にもあると思うのだが…

・こちらから話す時間も長くなり、英語を話す際に変な冷や汗をかくことはなくなってきた。自分の中での自信は非常に大切であり、堂々と話せるようになっていこうと思う。

・close-up:noun: “a photo or movie taken very close to a camera” (e.g. The cameraman took a close-up of the model’s face).

・withstand=survive

・insightは、intoと一緒に使われることが多い。

You said : ‘There are a lot of bad effects on our bodies.’

Better : ‘There are a lot of negative effects on our bodies.’

PRONUNCIATION PRACTICE:

mechanism – ‘MEK-uh-niz-uh m’

Listening

TPO44-5

・ニューギニアにおける古代からの農業文化の可能性について。6問中5問正解。

・内容としては大枠は分かったものの、「もっと理解した上で回答したい…」とは思うレベルではあった。推測も使いつつではあるが、5問正解できたのはよかった。

・1問ミスしたが、2択までは行ったし、情報は聞けていた。それをしっかり聞き分ければ正答まで導けたなあ、と復習して思った。

egalitarian:平等主義者

anthropology:人類学

cradle:ゆりかご、起源、幼いころ

inconclusive:決定的でない

swampy:沼地の

predate:前に来る

sediment:堆積物

ditch:溝、側溝、堀

drainage:排水、下水

mound:(土砂・石などの)山、土手、堤

refinement:洗練

この記事を書いた人

相羽涼太

相羽涼太

読書、手帳術、旅行記・訪問記・食レポ、ジム(運動、食事)、英語学習などを中心に記事を更新します。

インターネットの登場で、「考える」ことが減りがちな今こそ、自分なりの軸を持って、考え、発信していくことを大切にしたいと考えています。

SF(上位10位、2019年1月現在):慎重さ、収集心、個別化、責任感、自我、指令性、目的志向、自己確信、信念、学習欲