ブロッコリーを食生活に入れてみるまでの過程

ブロッコリーがボディメイクにとって、どうも良いらしい。

…という情報それ自体は1年くらい前から知っていたものの、全く実行に移りませんでした。

しかし、挑戦をしてみないと、何が私に合っているのかさえ分かりません。ブロッコリーを食生活に含めてみることにしましたが、案外苦戦したので、過程を述べて行きます。

強いて食べない心理的ハードル

そもそも、「ブロッコリー」と聞くと、どういう印象があるでしょうか。

多くの場合、「ステーキ・ハンバーグ定食に付いてくるやつ」くらいのイメージではないでしょうか。私はそうでした。

そして、それらを食べるときは、ステーキ・ハンバーグにかかっているソースと食べることが多いです。

だからこそ、「ブロッコリー単体で食べる」ということに関して不安感がありました。

ブロッコリーを買ってみる〜冷凍ブロッコリーの発見〜

とはいえ、買ってみないとコトは進みません。

その際、何を買うか迷いました。しかし、分かっていることが1つあります。それは、スーパーで数房かって、自分で切るのはやる気が起きないということです。

正直、ブロッコリーを切る時間が無駄に感じてしまいますし、しかも、野菜類は総じて大きすぎるので、必ず捨ててしまう分が出てしまいます。

そんなときに、「冷凍ブロッコリー」というものを見つけました。これがあれば、少量の水を入れてチンするだけで即食べられますし、冷凍なので、消費期限に追われることはなくなります。

ブロッコリーが食生活に入れられない

そうして、ブロッコリーは購入できました。

しかし、次の問題があります。ブロッコリーを食生活のどこに入れるか問題です。

ここでしばらく足止めを食らいました。何度か食べてみたのですが、やはりステーキ・ハンバーグの添え物感が強く、積極的に食べたいとは思えなかったのです。

そして、レンジでチンも一手間ではあるので、面倒なのです。

休日に何度か試したのですが、いつの間にか冷凍庫にあることすら忘れかけていました。

朝に入れてみる

結局、試行錯誤の末、毎朝食べるのが一番しっくりきました。

とりあえず、毎朝3個ほど食べるようにしています。プロの1日1kgからは程遠いですが、一歩を踏み出しました。

お腹に案外来るブロッコリー

朝にブロッコリーを食べると、ブロッコリーの良さに気がついてきました。

3個なので、30gほどしかないのですが、案外満腹感があるのです。

まだ3個生活ですが、個数を増やせる光が少し見えてきた気がしています。

ボディメイク関連記事は他にもたくさん!もう1記事いかがですか?

↓記事はこちらです↓

この記事を書いた人

相羽涼太

相羽涼太

読書、手帳術、旅行記・訪問記・食レポ、ジム(運動、食事)、英語学習などを中心に記事を更新します。

インターネットの登場で、「考える」ことが減りがちな今こそ、自分なりの軸を持って、考え、発信していくことを大切にしたいと考えています。

SF(上位10位、2019年1月現在):慎重さ、収集心、個別化、責任感、自我、指令性、目的志向、自己確信、信念、学習欲