200320_本日の英語学習19

Speaking

Facebook Announces New Improvements on Messenger Kids

(単語CK)

glitch:(機械・計画などの)欠陥、故障、電力の突然の異常

(所感)

・接続が悪かったが、とりあえず繋がり、最低限の会話は出来たのでそこは良かった。

・コロナの影響により圧倒的にネットを使う人が増えているらしく、ネットが遅くなったりすることがあるらしい。それくらい使っているのか、と思うと、リモートワークの時代がいつしか来るかもしれないな、とふと思った。

(文法修正)

You said: I will not allow he/she before they will graduating high school.

Better: I will not allow THEM until they will have graduated from high school

Listening

TPO42-1

・芸術の授業に関する先生と生徒の話。5問中3問正解。

・間違えた2問をみたが、正直、聞こえてはいたので、もったいないミスをしてしまった感がある。

・1問は2択で悩んだが、よく聞いた内容を思い返すと、思い違いが起きて間違った方を選んでしまったと自覚。

・もう1問はメモを見返したら書いてあったので、単純にもったいない。。解くときにちゃんと思い出せるようにしないと。

Cubism:キュビスム。20世紀初頭にパブロ・ピカソとジョルジュ・ブラックによって創始され、多くの追随者を生んだ現代美術の大きな動向。それまでの具象絵画が一つの視点に基づいて描かれていたのに対し、いろいろな角度から見た物の形を一つの画面に収めた。

roof:屋根、屋上、(自動車の)屋根、ルーフ、(口内の)うわあご、(洞窟(どうくつ)などの)天井、最高部、頂部

TPO42-2

・ギリシャとローマの絵画について。

・久しぶりに6問中6問正解。最近全問正解が減っていたので不安になったが、問題によっては取れるようになってきたことを実感できて良かった。

・やはり設問の回答をするときに、根拠の部分がしっかり言えると正解になることができる。自信を持って回答することが重要だな、と感じた。

・そして、大事なところはしっかりメモしておこうと再認識した。メモをしておくことで備忘にもなる。

Polychrome:多色彩の、多色刷りの

rigorously:厳しく

heroism:英雄的資質、壮烈、勇壮、英雄的行為

divinity:神性、神格、神力、神威

cloak:(ゆったりとした)そでなしの外套(がいとう)、マント、おおい隠すもの

garment:衣服

battlefield:戦場

symbolism:象徴主義、象徴的意義

Reading

TPO41-2

・地球と火星の今昔の対比について。

・13問中9問正解。23分で回答できたので時間のみ悪くはないが、内容は概ね理解したと思っていたので悔しい。。

・3問目の内容理解は、ポイントをシンプルに読み違えた。これは文章理解を勘違いしていたから、それは間違える。

・5問目のハイライト問題は、Aがいいねと思って即決したが、誤解していた。ちゃんと全部選択肢を読もう。

・12問目の挿入問題をミス。よく読むと分かるのだが、設問解いているときは気づけなかったものか。自信持って回答することが重要だ。

・13問目については、ただ「Early Venus」の意味することを勘違いしていたため、間違えた。Early段階においては地球も火星も変わらなかったところで、少し先の時点で選択肢を選ぼうとしたから訳が分からなくなっていったと後から分かった。

spew:吐く

Outgassing:脱ガス化作用; ガス放出

emanate:発する

predominantly:優勢に、圧倒的に、主に、主として

marble:大理石

oppressive:圧制的な、過酷な、ふさぎ込ませるような、重苦しい、むし暑い、うだるような

この記事を書いた人

相羽涼太

相羽涼太

読書、手帳術、旅行記・訪問記・食レポ、ジム(運動、食事)、英語学習などを中心に記事を更新します。

インターネットの登場で、「考える」ことが減りがちな今こそ、自分なりの軸を持って、考え、発信していくことを大切にしたいと考えています。

SF(上位10位、2019年1月現在):慎重さ、収集心、個別化、責任感、自我、指令性、目的志向、自己確信、信念、学習欲