樺沢塾 リアル質問祭り(第6回)

樺沢塾という有料コミュニティに入っておりまして、動画を視聴しました。

一見色々な質問に答えているものですが、色々示唆がありました。

最後の相談の意味のところは、確かに一見相談なんて不必要では、、と思っていた時期もあったので、心に響きました。

○超一流の人は、条件ではなく、その仕事をやりたいかどうかで仕事を選ぶ。

○AI時代が今後10年スパンとかで考えると本格的にやってくる。その中で重要なのは、専門性。

○アウトプット前提としたインプットが大切。アウトプットベースで脳内整理をする。

【気づき、to do】

○1日を日記的に振り返ることのいいところは、これがフィードバックになっているところ。【感情は忘れ、対策だけ考える】

→なぜ失敗、成功が起きたのかの分析と再発防止策を考え、日記等に記載し、あとは忘れる。

○雑談は接触回数重視。ただし、ネタがあることが大事なので、そこは情報のネタ帳を作成しておくとよい。

→ブログや手帳へ毎日書き込みを行なっていくこと。気づいた時点でメモをする。

○相談は解決するためにするのではない。方向性を見出すためにする。不安やストレスの90パーセントは解決方法が見つかるだけでなくなる。

→まずは見通しを立てること。その後、淡々とこなしていくこと。大まかな方針から細部へ。

この記事を書いた人

相羽涼太

相羽涼太

読書、手帳術、旅行記・訪問記・食レポ、ジム(運動、食事)、英語学習などを中心に記事を更新します。

インターネットの登場で、「考える」ことが減りがちな今こそ、自分なりの軸を持って、考え、発信していくことを大切にしたいと考えています。

SF(上位10位、2019年1月現在):慎重さ、収集心、個別化、責任感、自我、指令性、目的志向、自己確信、信念、学習欲