なぜ英語を使えるようになりたいのか

英語。

学生時代のうち、特に高校〜大学時代は苦手教科の一つでした。学校で教えられることは、非常に硬い内容が多く、長文読解などが楽しくなかったのです。文章を読んだりしても、「それが何の役に立つんだ」と思っていました。

また、色々な人が「英語は身につけておいた方がいい」とアドバイスするので、ひねくれ者の私は、「うるさいな」と思い、英語に蓋をしてしまった面もありました。

ここについては、実際どこかで海外に行き、生きた英語を知っていれば、考え方は変わっていたような気がしていますが、結局、長期にわたって行くことはありませんでした。

しかし、社会人になると、考え方が変わってきました。英語は使える方がいいし、話せるようになりたいと今では思います。

私の歩みはマイペースである必要があります。それは、私自身が人との対比で進めることに向いていないタイプである上、かつて抱いた苦手意識を克服することも必要だからです。

現在研鑽中ですが、自分のペースで、少しずつ、経験を積み上げていきたいと思います。この記事では、英語を使えるようになりたいな、と思うに至った理由をまとめていきます。

建設的な議論をしたい

日本人同士が日本語で議論をすると、発言が尾を引くことがしばしばあると感じています。意見を伝えることは人格否定していることではないのですが、人格否定をされる印象を与えたり、受けたりすることが多いように感じます。

私自身、傷つけた人はないのですが、相手に傷つくように受け止められたこともありました。また、人格否定発言をされたと私が感じたこともありました。

もちろん、伝え方の問題もあるとは思います。だからこそ、コミュニケーションに対する関心は高いです。また、日本にはディベート文化がないとか色々な要因が絡んでいるとは思います。

しかし、それでも、建設的な議論は楽しいのです。

仕事以外でいえば、例えば、ストレングスファインダーで自身の資質を出している人同士で、資質について話し合うときは、楽しいと感じることが多い。

この場合は、ある程度価値観をパターン分けした後に、そこから資質の組み合わせも含めて個人による差が出てきて、それを知り合うところに楽しさがあり、「共通の土台」を共有しているからこそ、楽しさがあると思います。

英語を使って話す場合、話し合いをして後腐れが生じてしまうことが日本人同士の会話よりも少ないような印象を抱いています。

もしそんな、マウントを取ったりするとかそういうことがなく、フラットに話し合える環境を作ることができるのであれば、その方法を体感し、自身の経験として蓄えたいのです。

色々な価値観を知りたい

日本と外国の価値観は違うと言われます。

実際、外国の方と話す機会があったとき、雑談に近い話であるとよく分かりますが、価値観が思っているより違うと感じます。そして、それは実際見聞きしないと分からないな、ともその時に感じました。

自分の中のモヤモヤした違和感として、日本人の価値観を上手く活用できず、悪い方向に使ってしまっていると感じることがしばしばあります。

しかし、現時点では、どこを伸ばせば良く、どうしていけばいいのか、と言われても明快な解を持っていません。

様々な価値観を知っていく中で、自分の生き方にブレない軸を置きたいのです。今はまだ、私の中の軸がブレてしまうことがしばしばあります。

日本語情報の限界

日本語は日本に住むにおいては非常に有用な言語であり、多くの外国産の書籍が日本語訳されているのも事実です。

しかし、翻訳するにはタイムラグがどうしても生じてしまうのも事実です。日本語に訳すという作業が入るということは、仲介者の意図が入りこんできます。だからこそ、日本人にとってあまり親和性のないものは翻訳されません。

その上、翻訳されたものは、翻訳者が訳しているだけなので、原書から感じた感想と乖離している可能性が多いにあります。作者が何を言いたいのか、ということを言葉から感じたいです。

また、最新の情報はやはり英語が起点になっています。最新の情報が欲しいという場合、日本語の情報だとどうしても限界があると感じることがしばしばあります。

関連記事

↓こちらです↓

この記事を書いた人

相羽涼太

相羽涼太

読書、手帳術、旅行記・訪問記・食レポ、ジム(運動、食事)、英語学習などを中心に記事を更新します。

インターネットの登場で、「考える」ことが減りがちな今こそ、自分なりの軸を持って、考え、発信していくことを大切にしたいと考えています。

SF(上位10位、2019年1月現在):慎重さ、収集心、個別化、責任感、自我、指令性、目的志向、自己確信、信念、学習欲