冬より夏が好き〜毎年感じる寒さへの脆弱性〜

12月になってくると、「長袖ヒートテックを着るかどうか」、「タイツを履くかどうか」という問題に直面させられます。

そして、その問題の解決策は未だに見出せていません。

「夏がいいか、冬がいいか」という雑談をすることがしばしばありますが、私は、夏に感じる苦労より冬で感じる苦労の方がはるかに多く感じていました。

なぜ冬の方が負担が大きく感じるかの言語化を試みます。

服の扱いが難しい

私にとっては、暑さに対する対応はそこまで難しくなく、単純に薄着にしていけば良いと感じます。たとえ、もし少し厚着で出てしまったとしても、屋内に入れば基本的に冷房が効いているので、それで凌げるように思えます。

しかし、寒さに対する対応は暑さよりもはるかに機微になります。暑さに対しては少し「なんとかなる」感はあるのですが、寒さにはなんとかならないのです。

まず、薄着で出てしまうと、冷気が身体に入ってくる感覚がして、非常に不快指数が高い状態になります。

他方で、ここの塩梅が難しいのですが、室内では暖房が効いていることが多いので、そのバランス感が難しいです。着すぎて暑いとムシムシした感じになりかなり強い違和感を感じるのです。

タイツの扱い

タイツは寒い状況では、必須のインナーです。実際、本当に寒い状況のときは、「履いていて良かった」と心から思います。

他方で、室内で暖房が効いている中でタイツを履いている状況ほど、しんどい状態はないのではないかとも思うのです。

何より、上着はまだ脱ぐということが出来るが、タイツはいよいよ脱ぐことがすぐにはできません。

トイレに行くなどの動作がいるし、脱いだ後のタイツをどうするかという問題もあるので、そう簡単に着脱できないものになっています。そして、少しでも「暑い」と思ったとき、タイツはその暑さを加速させます。

だからこそ、タイツを履くときはしっかり判断をすることが必要になります。外の気温がマイナスであれば迷わず履くのですが、1桁台だと非常に悩ましく思います。

マフラーの扱い

タイツと同様にハードルとなるのがマフラーです。

そもそも私はマフラーなど、首周りが締め付けられるように感じるもの全般が苦手です。

Yシャツを着るにしても可能な限りネクタイは付けたくないし、タートルネックを着ている人を見るだけで「凄いなあ」と思います。

どうも最近はマフラーは首元が緩やかにしやすいものも出来てきたのですが、相変わらず、着なくていいのであれば着たくないです。

そして、マフラーの最も面倒なところは、室内で脱いだときに単純に大きいということである。小物の部類なのに、カバンに入るサイズではないため、置いておくしかないのですが、そうしてしまうと、「忘れないように」意識を配らないといけないところが悩ましいです。

室外に出る気がしない

冬場に、暖かい室内から、寒い屋外に出るのには相当なパワーを使います。ただでさえ、ベッドから起き上がるのもひと苦労ですし、苦労が大きいです。

身体の構造からいえば、外に出て、日光を浴びて生活した方がいいにも関わらず、外に出たくないというのが負担になります。

また、身体を動かしていないと調子が狂うタイプなので、1日中基本出歩かない生活を送りたくないという思いもあります。

ヒートテックは諸刃の剣

インナーで有名なヒートテックですが、これを着るときは、相当決断をしないといけません。

タイツで書いた通りですが、ヒートテックは暖かい分、暖房が強く効いた室内で苦しむリスクもあるのです。

湿度の問題〜乾燥との戦い〜

私は、肌の乾燥がしやすいタイプです。

そのため、暖房に当たっているとき、肌が乾燥していく様子を感じます。加湿器があればある程度防げますが、加湿器の力が及ばないときもしばしばあります。

また、暖かい水で、皿を洗ったりすると、一瞬で指がカサカサになります。ハンドクリームも必須で、とにかく必須なものが多いです。

要すれば、冬になると、肌がボロボロになるので、そこも苦しみます。

スキーは好き

それでも、冬のいいところとしては、スキーは好きです。

毎年行けるとは限りませんが、できれば1年に1回は行きたいな、と思います。

冬山くらい寒いと、「タイツは着ていた方がいい」という判断に迷いは出ませんし、食事をするときも、ずっと寒い状態に置かれていることから、上着の着脱でなんとかなるレベルにある。

ただ、鼻も弱いので、鼻水が出てしまい、ティッシュが必須となることがしばしばあるのがネックではあるのですが、、

結局、身体の弱さが色々なところに影響を与えていました。

景色が澄み渡っている

寒いところにある景色は、透明度が高く、綺麗なところが多いです。

綺麗な景色を見るのは好きなので、そこはいいな、と思います。

この記事を書いた人

相羽涼太

相羽涼太

読書、手帳術、旅行記・訪問記・食レポ、ジム(運動、食事)、英語学習などを中心に記事を更新します。

インターネットの登場で、「考える」ことが減りがちな今こそ、自分なりの軸を持って、考え、発信していくことを大切にしたいと考えています。

SF(上位10位、2019年1月現在):慎重さ、収集心、個別化、責任感、自我、指令性、目的志向、自己確信、信念、学習欲