英語学習の「義務感」を解放していく

何事も継続が大切ですが、英語学習には苦戦を強いられることがしばしばあります。

それは、どこかで学習に「義務感」を感じてしまうからです。恐らく、教育課程で「習わないといけないから習った」という意識が強かったのでしょう。

その義務感をなくすことが継続には重要なことを気づかないうちに忘れていました。

英語を生活に組み込んでいく

海外在住の友人に言われたことで、印象に残っていることがあります。

それは、

「外国(英語圏)にいると、見るテレビは英語だし、話している言葉も皆英語になる。ただ、日本にいれば、テレビは日本語だし、皆日本語を話している。だから、そりゃ外国語を身につけるのは簡単ではないよね。」

という言葉です。

正におっしゃる通りなのですが、言われて自分を振り返ってみると、「英語の勉強をしている」気ではいたのですが、全然日本語に触れている時間が圧倒的に多い現状を認識しました。

「頑張る」という意識でやるタスクを増やし過ぎていたのです。

そのため、アプローチとしては、

「少しずつ毎日の英語に触れている割合を増やす」

ことからがいいのだな、と思いました。「勉強」は好きではないのですが、こちらを実現することから始めれば、続けられる気がしてきました。

英語の表現の仕方と日本語の表現の仕方が違うことを知る

これまで分からなかったのですが、日本語と英語は表現の仕方が結構違ったりします。

例えば、「じゃあ、始めよう」というのでも、日本人的には

Let’s start.

と言うのがまず浮かびますが、

ネイティブは、

Let’s get started.

という表現をよく用いるようです。

このような小さいところから見てみると、結構日本人の発想する英語と実際の英語は違うものです。

こういう違いを知るのは面白く興味深いと思ったので、そういう面白いと思う気持ちや興味・関心に従って進んでいった方が良かったな、と英語の奥深さを知りながら感じました。

身体に染み込ませる

「身体に英語の表現を染み込ませる」ことが大事だ、とよく言われていますが、実際、私は、「覚えるぞ!!」という義務感を感じていたことを自覚しました。

そこは、日本語で新しい単語に出会ったときを考えれば、少し気持ちが楽になることに気がつきました。

日本語では、知らなかったことについては、何度も同じ表現に出会う中で、知り・使えるようになっていました。日本語は「自然に身についた」感があまりに強いので意識できなかったのですが、新しい言葉を知るときをイメージすることで、知識を得るときの感じを認知できるようになりました。

仕事において業界内でしか通じない用語が典型的だと思うのですが、最初は「何言っているんだ??」と思っていたのが、時間の経過とともに、いつの間にか自分が言葉を発する側になっています。それは、何度も見聞きして、自分の身体に染み込んだので、自然に使えるようになったのです。

そのため、日本語では、少しは意識しながらも、触れる回数を増やしていれば、いつの間にか使う側に回っているのです。

外国語では、まだ「意図的に覚える」ところが多かったので、苦しく感じていました。しかし、慣れていけば、知識の身につけ方は次第に日本語のものに近づいてくるはずです。

「その状態を目指そう」と考えれば、「覚えなきゃ」という妙な義務感が抜け、気持ちの上で少し楽になった気がしてきました。

英語関連記事

↓記事はこちらです↓

この記事を書いた人

相羽涼太

相羽涼太

読書、手帳術、旅行記・訪問記・食レポ、ジム(運動、食事)、英語学習などを中心に記事を更新します。

インターネットの登場で、「考える」ことが減りがちな今こそ、自分なりの軸を持って、考え、発信していくことを大切にしたいと考えています。

SF(上位10位、2019年1月現在):慎重さ、収集心、個別化、責任感、自我、指令性、目的志向、自己確信、信念、学習欲