Against All GRAVITY(Mr.Childrenライブ)@名古屋ドームの訪問レポート〜ライブに参戦できた喜びを噛みしめる〜

2019年5月25日に、Mr.Childrenさんの「Against All GRAVITY」のドームツアー@名古屋ドームに参戦してきました。

人生初ライブでしたが、感動しました。行ってみるものだな、と強く思っています。

ミスチルの音楽と過ごした生活

ミスチルの音楽との出会いは、友人の家で流れていたところから始まりました。

おそらくベストアルバムだったかと思うのですが、友人の家に行くと、必ずミスチルの曲がかかっていました。

最初のうちは聞き流していたと思うのですが、気がついたときには、自分もミスチルをよく聞いていました。

そのため、「好き」というよりかは、ミスチルを聞いているのが普通の状態という感じでした。

「終わりなき旅」の歌詞から好きに

ミスチルを聴きまくってはいましたが、ミスチルを好きになったのは、「終わりなき旅」からです。

その前の歌詞の流れもありますが、辛かったときに、2番サビの「高ければ高い壁の方が 登ったとき気持ちいいもんな」と聞くと、元気が湧くような感じがしました。

邦楽を聴いていて、歌詞の意味を気にしたことはそれまであまりなかったのですが、歌詞を見ると、感動し、勇気を貰っていました。

「タガタメ」の歌い方

私が衝撃を受けたのは、ライブ映像でのタガタメです。

いつのライブ映像だったのかは分かりませんが、最後の方で、ボーカルの桜井さんが声をかすらせながら歌う姿がかなり印象的でした。

「歌を上手く歌う」という観点では、かすれた声はよくないはずです。しかし、平和もテーマとしていたこの歌の歌詞の内容と、この声は非常にマッチしていて、心が震えました。

「綺麗な歌声だけが凄いんじゃないんだな」と思って、「説明できないけど、凄いことは分かる」と思っていました。

ライブに応募してみる

ミスチルの音楽を聴き続けてきた私にとっては、「人生で一度はライブに行きたいな」と思っていました。

しかし、応募しても全然当たる気がしません。そのため、諦めている自分がいて、応募するのすら面倒になってきました。

そんなときにふと、Against All GRAVITYのライブ告知を偶然知り、応募しました。

これまでだったら応募していなかったと思います。しかし、ダメ元でも応募したのは、逆算手帳の「100リスト」に書いていたのが原因です。

私は、やりたいことの1つに「ライブに行く。できればミスチル」と書いていました。

それを書かなかったら、正直応募すらしていなかったと思います。書いておいてよかったです。

初ライブ感想

東京から名古屋までの移動こそ必要でしたが、行ってみて良かったです。

何よりも感動したのが、バンドではありますが、ボーカル「1人の声が、名古屋ドーム4万人に影響を与えている」というところです。

1人の歌声を4万人がずっと立ちながら聞き、(全員ではないかもしれませんが)心を動かされているのです。私の位置はそこまで良くはありませんでしたが、それでも感動を与えるには十分でした。

それでも、そんな凄いMr.Childrenのメンバーも人間でした。自分の位置から見ればかなり小さく見えるメンバーが、音を聞いているとかなり大きく見えました。

そんなことも起こり得るんだ、と驚きました。

純粋に、凄いなあ、と思いますし、憧れました。自分もこんな影響を与える人間でありたいな、と強く思った出来事でした。

ライブの詳細

ここからは、ライブの詳細について触れていきます。

全体として、昔の名曲と最近の曲と、両方歌ってくれたのは非常に嬉しかったです。最近の曲をそこまで追いかけていなかったのですが、楽しめました。

あとは、ライブは「ここまで歌うんだ」と思いました。ライブなので歌はメインであるとは思うのですが、正直もっとトークを挟むものかと思っていましたし、観客に歌わせる演出も想像より全然多くなったのは意外でした。

セットリストと簡単な感想です。

1.Your song

2.Starting Over

3.himawari

4.everybody goes ~秩序のない現代にドロップキック~

割と最近の曲3曲聞いてからの、この曲の印象的なイントロを聞いたときは鳥肌が立ちました。

これを聴きながらゲームしたり、勉強したりしていたことが思い出された瞬間でした。

5.HANABI

「平成の名曲を歌います」というコメントがあった後、これが流れました。

平成の名曲は自分の中では「終わりなき旅」だったのですが、割と最近の曲で、HANABIの方でした。

この歌も良くカラオケで歌った思い出があります。

6.Sign

HANABIからのSignという名曲メドレーになると思わなかったので驚きました。

こういうバラードを聞くときに分かりますが、桜井さん歌上手すぎ…と聞き惚れていました。

7.名もなき詩

8.CANDY

9.旅立ちの唄

10.ロードムービー

ボーカル桜井さんが個人的に好きな曲ということで流れました。

作者が好きなのと、読者が好きなものは違う。

11.addiction

12.Dance Dance Dance

13.Monster

14.SUNRISE

15.Tomorrow never knows

時々名曲を挟んできます。

後に出てくるinnocent worldとこの曲はほとんどのライブで歌っているかもしれませんね。

16.Prelude

17.innocent world

18.海にて、心は裸になりたがる

〜アンコール〜

19.SINGLES

20.Worlds end

これから、Mr.Childrenはロンドンでレコーディングするとのことでした。

創作活動を海外でするのも、こちらは「なんかいいな」というざっくりしたものですが、憧れます。

そして、リズムが好きなこの曲も聞けたのは嬉しかったです。

21.皮膚呼吸

関連記事

↓関連記事はこちら↓

この記事を書いた人

相羽涼太

相羽涼太

読書、手帳術、旅行記・訪問記・食レポ、ジム(運動、食事)、英語学習などを中心に記事を更新します。

インターネットの登場で、「考える」ことが減りがちな今こそ、自分なりの軸を持って、考え、発信していくことを大切にしたいと考えています。

SF(上位10位、2019年1月現在):慎重さ、収集心、個別化、責任感、自我、指令性、目的志向、自己確信、信念、学習欲