「英語学習と辞書」の問題に関する考察と結論

英語を学習するにあたり、分からない単語は辞書で引くことになります。

しかし、この「辞書で引く」が曲者で、そのやり方について、色々なスタンスがあるため、私は混乱していました。

この記事では、辞書との向き合い方について整理しています。

それでは、詳しくみていきましょう!!

辞書は必要か否か

私の学生時代は、電子辞書がどんどん現れ、使われていった時代でした。

そのため、紙or電子の問題は学生ながら悩んだものなのですが、結論は出ませんでした。

というのも、辞書に対するスタンスは、先生によってまばらだったので、混乱したのです。

先生Aは、「辞書は紙がいい。紙で調べることで記憶に残るし、将来を考えると役に立つ。」と言いました。

他方で、先生Bは、「電子辞書で調べて意味が分かればいいよ。」と回答しました。

こういう真逆の意見を言われますし、学生の目から見ると、一見先生Bは投げやりであり、先生Aの意見の方が真摯に回答して貰っているようにも映ります。

しかし、それで紙の辞書を買ってみて引いてみると、明らかに時間がかかり非効率に思えます。結局私は、電子辞書を使っていましたが、「紙の辞書を使った方がいいのかな…」という想いを抱えながらの学習をしていました。

この問題は、先生Aが自身が苦労して辞書で調べ、現在に至った背景があるので、発言に熱がこもっているところに問題があります。

これは自身の反省でもありますが、先生がかつて実施したやり方が自分に合うかというのは分かりません。自分が合う方法を見つけ、自分のしたい方向に進めば良かったのです。

これに限らずではありますが、「やり方があり過ぎる」という問題が今にはあるので、自分なりにスタンスを決めて進むことの重要性は日に日に高まっているように思います。

電子辞書でいいし、最新のテクノロジーを使えばいい

この問題に対する私の結論は、電子辞書でいいし、今はもっと便利になっているので、webとアプリを使えばそれでいい、です。

確かに、幼い頃、紙の百科事典とか辞書を読み漁り、世間的な地名度の高い人は、例えば、堀江貴文さん(ホリエモン)も百科事典をずっと読んでいたらしいですし、作家の大江健三郎さんは紙の辞書を読み込んだという話があります。

その方法は、幼少期の時間があるときにやれば、後の効果は絶大であろうことは確かだと思います。そのため、子供の教育という観点では意味のあることだとは思います。

しかし、残念なことではありますが、もう既に大人になってしまった人にとって、そんな時間のかかることをやるほどの時間はありません。

だから、最新のテクノロジーを使えばいいのです。

もう電子辞書でなくてよい

学生時代、電子辞書を使ってはいましたが、今勉強するにあたっては、既に電子辞書も不要です。

これも人により意見は分かれるかもしれませんが、電子辞書をわざわざ持っていくのは面倒ですし、重いです。

今やwebとアプリを使えばいいのです。ここから具体のツールについて詳細します。

weblio/英辞郎

単語の網羅数が多いのがこの2つです。

実際に、webで単語の意味を検索すると、この2辞書が上位にきます。

どうも正確性に欠ける部分があることがあるのですが、それはwikipediaのようなイメージかな、と思います。概要だけ知りたい場合、wikiの情報で十分なケースもそれなりにあります。

単語/熟語の意味だけパッと知りたいときに重宝するツールです。

ジーニアス(有料アプリ)

私は、iPhoneで完結させよう、と思い始めたとき、このアプリを使っていました。

しかし、これは個人の使用感ですが、調べて出にくい単語がありますし、アプリの仕様があまり好きではなく、「使いにくいな」と思っていました。

調べた際も、アプリ仕様としてグレードを下げているのかもしれませんが、あまり例文が豊富に書かれていないかな、と少し感じていました。

そのことから、「電子辞書の方がいいのかな…」と思ったこともしばしばありました。

ただ、これは「自分に合っていない」のですぐ変えればよかったのです。もちろん、この辞書アプリが合えば、それを使うのがいいとは思います。

wisdom(有料アプリ)

もう好みの問題ですが、詳しく調べるとき、私は、ジーニアスでなく、wisdomを使うのが好きだと気づきました。

アプリではあるのですが、書いてある内容は、紙のものと同じレベルで豊富なのに、検索が早いので、電子辞書と遜色ないレベルです。

むしろ、電子辞書の液晶画面より、iPhoneの画面の方が綺麗だと感じるので、私は、これで満足しています。

英英辞典は必要か

辞書に関する問題について、「英英辞典」の話もあります。私自身、英英辞典を強く推奨されたこともあり、やってみたものの、全然習慣化しなかったことがあります。

結果として、私は、「基本的には英和辞典で十分」だと感じています。

それは、英英辞典の機能を否定している訳ではなく、英語の「ニュアンス」を知るのに英英辞典は役に立ちます。

さらに、実際、最近まで、ネットの通信速度は早くなかったので、その際に英英辞典を引くことに意味はあっただろうと思います。

しかし、今は、ネットがあります。タイムラグなく、すぐに検索できる環境になりました。

そのため、英英辞典を引かなくても英語で書かれたサイトを読んでニュアンスを知るので十分だな、と感じています。

なお、「ニュアンス」を知るというのは結構上級者の使い方である、ということも大事な点ですが、結構軽視されがちです。

そもそも辞書を引かないのが基本

辞書に対するスタンスを述べた後から、そもそも論の話になるのですが、個人的には、「辞書を引かないことを基本」としようと決めています。

真面目で律儀に努力を継続できる方は違うのですが、気まぐれでやるときはやるが、面倒なときもある私にとっては辞書は基本引かないスタンスにしないと気持ちがしんどいな、と思っています。

洋書でも新聞記事でもなんでもいいですが、長文で辞書をいちいち引くと、私はもれなく挫折します。「努力の天才」と呼べる人々はそれを苦もなくやっているのかもしれませんが、それは無理でした。

だから、基本推測を使ったりして、1読目とかはざっくり理解するようにしています。自分が完璧主義に陥りやすいので、自分に言い聞かせる意味でも、ざっくりでいいのです。

単語学習をする

ただし、このやり方をするには、ポイントがあり、単語の基礎をある程度身につけている必要はあります。

そのため、単語学習をする必要性を私は感じています。単語の意味は英語を見聞きすれば、ある程度日本語が出るところまでは持っていき、そのから、英語を見て瞬間でイメージが浮かぶようにするために、長文を読んだりするルートがいいのかな、と方針を決めているところです。

編集後記

ネットが出てきて、普段使いできるまでと後の問題として、「選択肢の多さ」という問題があり、これは深刻だと思います。

少し前までは、やり方こそ非効率的な面があるかもしれませんが、「これさえやればOK

」ということで、方法論の数も少なく、「迷いが生じる」ということはあまりありませんでした。

今は、選択肢が飽和時代になってきています。そうであるからこそ、「どう選ぶか」ということが大切であり、自分に軸を持つ必要性が高まってきていると感じます。

英語の関連記事は他にもたくさん!もう1記事いかがですか?

↓記事はこちらです↓

この記事を書いた人

相羽涼太

相羽涼太

読書、手帳術、旅行記・訪問記・食レポ、ジム(運動、食事)、英語学習などを中心に記事を更新します。

インターネットの登場で、「考える」ことが減りがちな今こそ、自分なりの軸を持って、考え、発信していくことを大切にしたいと考えています。

SF(上位10位、2019年1月現在):慎重さ、収集心、個別化、責任感、自我、指令性、目的志向、自己確信、信念、学習欲