英語の長文を読むやり方・今後の課題について【TOEFL対策を念頭に】

英語の長文読解については、自分なりの方法論を確定させることが必要だと感じています。

これまでの学生時代では、英語の長文は適当に解いていましたが、「解き方」にも意識的であることが必要だな、と感じています。

自分のルーティーンというか、「こだわり」の部分を確立していければと思います。

それでは、英語長文に取り組むにあたっての考え方について、詳しくみていきます。

英語も日本語も長文の読み方の基本は同じ

日本語を母語とする日本人が英語の長文を読む際、身構えてしまい、「丁寧に読もう」という完璧主義になってしまいます。

しかし、よく考えれば、普段の業務上のメール処理について、丁寧に一文一文追っているでしょうか。母語ではまずそんなことはしないと思います。

件名を見ることもありますが、「文全体をざっと見」してから、しっかり読む必要があるかの判断をして…という流れになるのが普通でしょう。

英語も同じでいいのですが、和訳文化のある日本の教育過程で学ぶと、ついつい和訳癖、丁寧に読もうとする癖が出てしまいます。

まずは、そこから脱却し、「日本語をどう読んでいるか」を考えることを基軸に置いています。

フォトリーディング

速読法の1つとして捉えられていることも多いですが、「フォトリーディング」という読書法があります。

それが長文読解にはポイントになると考えています。ただ、そもそも、この「フォトリーディング」は、「速読法の1つ」ではないです。

要すれば、「フォトリーディング」とは、「全体から部分を見る読書」の手順書を作ったような感じです。

詳しい方法は1冊本を読めば分かりますが、メール処理のときにやる方法を普段の読書に応用する考え方です。

よく考えると、そもそもこの手法は英語圏での発明なので、そもそも日本語より英語の方が向いた手法であるな、と思いました。

「構造をまず捉えること」

これがポイントのようです。

長文読解問題への取り組み方

趣味としてやる読書であれば、やり方などなく、気ままに読みたいときに読めばいいのですが、「試験」と名が付くと、内容をしっかり理解しないと問題が解けません。

問題を解く観点で、問題へのアプローチ法について考察します。

段落ごとに読む

問題によって違うとは思いますが、TOEICのような読みやすい文だと別ですが、TOEFLなどだと、文章はそれなりの長さがあり、分かりやすい文章ではないことから、「通して読んで、そこから解く」という手法は得策ではありません。

そのため、色々試してみて、意見も聞いてみて、TOEFLについては、結果として、「段落ごと」に処理するのがいいのかな、と感じています。

1回目に目を通す

段落ごとという方針を決め、段落の文章に目を通します。ここで、1回目の通読となりますが、ここでは、粗めに目を通すのがポイントになります。

10〜30秒くらいでパッとやり、20%くらいの理解で問題ないイメージで進めます。この作業は、全体像を認知するために行うものです。

その際、「言いたいこと」を予想しながら読むのがいいな、と感じています。もちろん、ざっと見しかしていないので、読みが外れることもありますが、それは2回目以降で都度修正すればいいですし、何も考えていないときよりも仮説を立てておいた方が脳が理解するプロセスを考えると良い気がしています。

2回目に目を通す

2回目でようやく、本格的に読むこととします。

ここでは、総合して、80%くらいの理解度となるようにして読みます。

その際、文の要点となる1〜2文についての理解は95%くらいで集中します。他方で、例示などは70%くらいと、少しザッと見る部分が出てきます。トータルで80%くらい理解しているイメージで取り組みます。

問題文を読む

問題文では、「何を聞いているか」を理解しておくことが大切です。

問題文の中のキーワードを抑え、大体どの辺りか目星をつけます。

それなりに段落全体を問う問題もあるので、その際は、「全体を聞かれている」と認識しておくことが必要です。

選択肢を読む

試験によりますが、TOEFLにおいては、選択肢は丁寧に吟味する必要があります。

違うところを理由とともに確認し、消去法で解いていきます。

ただし、余裕を持って確保できるほどの時間はないので、最初に読んだ選択肢が確実に正解だと判断すれば、そこで吟味を終了させるようにしています。

いずれにせよ、「正解の確信」を自分で持つことが大切だな、と感じています。

なお、選択肢の吟味の際は、必要に応じ、文章を3回目見ても問題ありません。

英語という文構造

英語の場合は、日本語と違い、各段落及び文章全体においても、最初の文ないし次の文にポイントがあることが多いので、その点は留意が必要である。

日本語は、述語が後ろにあったり、言いたいことは最後に持ってくる傾向があります。しかし、英語においては、結論先出しが「原則」になります。

もちろん、日本人も、ビジネスシーンにおいては、「結論先出し」を心がけはしますが、それでも実態としては、普通に結論は最後になっているものも多いと思います。

この「結論先出し」については、英語の徹底ぶりは凄いなあ、と思うくらいなので、その文日本人は意識的である必要があるな、と思っているところです。

時間がかかるという課題

この仮説を立て、手法でやってみてはいますが、課題として、2回目の目を通すところに時間制限がないため、時間が足りない問題に直面しています。

とはいえ、文章理解をしていないと、適当にマークを付けるのみとなってしまいます。

やり方は正しいと思われるので、時間を間に合わせるためには、基礎の欠落を補う必要がありそうです。

例えば、単語も、英語を見て日本語が浮かぶレベルではなく、英語を見たらイメージが浮かぶ単語を増やす必要です。Appleと言われたとき、「りんご」という日本語を介さないと思いますが、そのイメージです。

英文法・英文解釈も同じで、現状では、文構造を丁寧に読んでいくと、「文構造はこうなっているのか!」と理解はしますが、それもスピードが遅く、一瞬でキャッチできる力が必要です。

編集後記

学生時代の妙な英語への苦手意識はようやく抜ける目処がついてきましたが、スタート地点が地点なので、着実に歩を進めていく必要がありそうです。

中長期の視点を持ちつつ、日々のデイリータスクに取り組む目を引き続き鍛えていければと思います。

英語学習関連の記事は他にもたくさん!もう1記事いかがですか?

↓関連記事はこちら↓

この記事を書いた人

相羽涼太

相羽涼太

読書、手帳術、旅行記・訪問記・食レポ、ジム(運動、食事)、英語学習などを中心に記事を更新します。

インターネットの登場で、「考える」ことが減りがちな今こそ、自分なりの軸を持って、考え、発信していくことを大切にしたいと考えています。

SF(上位10位、2019年1月現在):慎重さ、収集心、個別化、責任感、自我、指令性、目的志向、自己確信、信念、学習欲