動画視聴録「圧倒的に時間を生み出す成長時間術」

樺沢紫苑先生の動画コンテンツを見ました。

この動画の発信以降、しばらくした後に、このことについて正面から取り扱った、「神・時間術」が出ることになったので、このコンテンツは、本の主要エッセンスを取り扱って

言及された作品になります。

空き時間を自己投資に使おう、という前提の下、集中を軸とした仕事の効率化の方法について紹介を頂きました。

下記に私の気づき3点を紹介します。

①15-45-90の法則について

45分の内容、15分×3ブロックというのは、誰もが集中できる値。すなわち、15分という単位をブロックとして集中すべき。

→齋藤孝先生も15分あればカフェに入れ、と言っていた。これまで15分単位があまり意識できていなかったので、15分が1単位という点は時間術として意識しようと思った。

②整理の重要性

雑念を排除することが集中力を高める上で大切である。思考の整理として、to doリストに書くこと、モノの整理として整理整頓、定位置にモノを置くことの重要性が語られていた。

→整理整頓は割とよくする方ではあるが、時間術としても整理は大切である。やっぱり色々モノがあると頭も雑然としている気がするものだ、というのは真なので、きれいにしておこうと思った。

③時間制限の法則

ケツカッチン仕事術として、締め切りを厳守して、締め切り前のパワーを発揮することで、時間対効果が高まる。

→締め切りを重視すること、デッドライン仕事術的な考えで問題ないことを再認識できた。また、アメリカでは夜は家族でゆっくりご飯を食べて、代わりに朝早く来る(8時とで普通)というのも知れ、確かに朝の有効活用は大切だな、と再確認できた。

ーーーーーーーーーーーー

【内容ラインナップ】

○効率的な時間を過ごす方法

①無駄な時間を減らす

②時間の自己投資で自己成長

③集中力アップで仕事効率アップ

①では、確かにテレビ・スマホの時間は減らせるが、全体として、足し算引き算の話。

労働生産性を高めることが大切。生産性を高めて作った空き時間を、自己投資に使おう。

○②③の具体的方法

1.15-45-90の法則

2.雑念排除の法則

⑴思考の邪魔を取り除く…to doリストを書く

⑵物理的な邪魔を取り除く…整理整頓、探し物の時間を減らす

⑶人的な邪魔の排除…スマホオフ、カフェ・ホテルの利用

3.時間制限の法則

⑴休憩仕事術

⑵ケツカッチン仕事術

⑶背水の陣仕事術…ノルアドレナリンで集中力アップ

この記事を書いた人

相羽涼太

相羽涼太

読書、手帳術、旅行記・訪問記・食レポ、ジム(運動、食事)、英語学習などを中心に記事を更新します。

インターネットの登場で、「考える」ことが減りがちな今こそ、自分なりの軸を持って、考え、発信していくことを大切にしたいと考えています。

SF(上位10位、2019年1月現在):慎重さ、収集心、個別化、責任感、自我、指令性、目的志向、自己確信、信念、学習欲

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします