英文法学習の方向性〜TOEFL受験のための基礎知識習得〜

英単語もそうですが、英文法の学習は、英語知識の根幹となる部分です。

学習の方向性が見えてきたので、まとめて記事化しました。

英文法学習の必要性について

英文法については、「重要」という人もいれば、中には「別にそこまで」という意見もあります。

しかし、文法関係の知識は、「大人の英語」という観点でいえば、必要になります。

私は日本語を母語として育ち、バイリンガルではありません。そのため、幼少時のように、「感覚と経験」で習得することはできません。とはいえ、幼少時の「感覚」は大人では「理論」で代替することができます。

文法は、英語でモノを述べる際の公式ルールブックなので、それを知っておくことが重要になってきます。特に、英語で話すまで視野に入れた場合、それは必須になります。

英文法と聞くと、分厚い本を読んで、分厚い問題集を解き…という印象を持っていました。しかし、学習法を知っていくにつれ、やり方を工夫して進めていくことの重要だと認識しました。

私の場合、英文法の基礎は一通りは学生時代に学んではいるものの、知識に穴が出来ていたり、覚えていたが知識がさび付いたりしているものが散見されている状態なので、「やり直し学習」的に取り組んでいます。

英文法知識の総ざらい

まず最初に、これまでで得てきた英文法知識を有機的に整理したいと考え、下記2冊(上下巻)を読みました。

この本は、ここに書かれていることの意味が分かっていることを前提に述べられた本だと理解しており、「断片的」に得ていた知識を「有機的」に整理してくれる本です。

この本を一読してから、問題集に取り組むこととしました。

問題集の取り組み方について

英文法の「読み物」を読んだ後は、問題集に取り組むこととしました。

一般的な英文法問題集の1つかと思いますが、現在、「Vintage」という問題集に取り組んでいます。

問題集の解き方ですが、注意が必要でした。私の高校時代の学習は、英文法の学習についてもエラーをしていました。

いかにも典型的な完璧主義者なのですが、以前の私は、英文法問題集(当時はNext Stage)を一通りやってみた後、間違った問題も、合っている問題も回して、どんどん解く方針でした。

ただし、その方法でやっていると、当然ながら終わりがありません。終わりが見えず、「なんとなく大丈夫かな」という謎の感覚で終了させていました。

そのため、学習方針を展開する必要があり、今回、問題集をまず1通り解き、その後は、間違えた箇所のみを実施して、決めた「セクション」が全部正解するところまで繰り返すこととしました。「セクション」といっても、既に本が章ごとに分かれているため、章ごとの学習であることがほとんどです。

英文法問題集はそもそも量が多いというのもあり、全部やり直しをしてしまうと、永遠に終わる気がしません。そのため、「進んでいる感」を感じるためにも、間違った問題のみ再度解いたりしています。

英文法問題集の特殊性

英文法の問題集による勉強は、単語集の勉強と異なり、「記憶に残りやすい」という点があります。その点は、英単語とは学習の方針を変える必要があります。

実際、学習を進める中で、1周した後、2周目に入ると、単語よりもはるかに正解します。文章で問題が記載されているため、覚えやすい形となっているのだと思います。

そのため、英文法学習については、2冊の学習をして、違う角度から解いてみることで、脳のネットワークを強化していければと考えています。

現在、1冊目の「Vintage」に取り組んでいますが、これが終われば、「Scramble」で実施することを想定しています。

次の「英文解釈」のステージへ

英文法問題集が完了したら、その次は英文解釈となってきます。

英語関係の知識をまずは得た上で、その次にその「活用」の部分を考えていくことになります。

英文解釈も学生時代に学習していたときにはあまりいい思い出はないので、勉強法を考え、方針を決めた上で取り組んでいければと思います。

編集後記

特に高校までの学習に顕著ですが、「やらされる」学習だと、私はあまり乗り気で学習を進めてこられませんでした。

しかし、特に社会人は、仕事に関係する知識は別と考えれば、「別に学ばなくても良く」なります。だからこそ、興味のある分野を自由に学べるようになります。

あまりに選択肢が多いことは「迷い」に繋がるとは言いつつ、自分が「面白い」と思うことに突き進んでいければと思います。

この記事を書いた人

相羽涼太

相羽涼太

読書、手帳術、旅行記・訪問記・食レポ、ジム(運動、食事)、英語学習などを中心に記事を更新します。

インターネットの登場で、「考える」ことが減りがちな今こそ、自分なりの軸を持って、考え、発信していくことを大切にしたいと考えています。

SF(上位10位、2019年1月現在):慎重さ、収集心、個別化、責任感、自我、指令性、目的志向、自己確信、信念、学習欲

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします