「9マス」で悩まず書ける文章術(山口拓朗著)セミナー評/書評〜アイデア出しの補助輪として有効な「9マス文章術」〜

「9マス」文章術。

分かりそうでよく分からない文章術ですが、文章のアイデア出しに寄与する文章術です、と言うフックを付けると、理解しやすいと思います。

文章を作成する際の補助輪として機能する文章術です。

その上で、本には「文章術」についても記載があり、これまでの理解を深めるのに寄与しました。

それでは、詳しくみていきましょう!

「9マス」文章術

「9マス」を使った文章術とだけ聞くと、大谷翔平選手が高校生時代に「マンダラート」を使って9×9=81マスのものを作成していたことをイメージしていました。

マンダラート自体は、目標達成のための手法として有名です。しかし、この大谷選手のようなマンダラートは実際、相当高度です。まず、大谷選手は、文章作成ではなく、目標達成で使っています。何より彼は野球の専門家なので、レベルが高い使い方です。

そのイメージでいたので、本を読む前ではハードルが上がっていたのですが、本を読みつつ話を聞くと、この「9マス」文章術自体は、文章作成のアイデア出しの部分での心理的ハードルを下げてくれる、実は大変使いやすいツールです。

「9マス」文章術の使用方法は簡単です。簡潔にいえば、予め9つの質問を考えておき、その答えを書くだけです。

9マス文章術のメリットは、アイデア出しの作業がはるかに容易になるところです。かえっていえば、アイデア出しのツールという認識が大切な訳で、以降の情報の取捨選択をするのは自分でやる必要があります。これは、「発散」作業を担うツールであり、「集約」は9マスで出たアイデアから選択し、文章に書いていくことですが、それは自分でやる必要があります。

そして、この9マス文章術を要素分解すると、作業は、「予め質問を考えておく」「答えをその場で書く」のみです。

詳しく述べていきます。

予め質問を考えておくこと

抽象的にいえば、「何事にも事前の準備が大切」となるところですが、それをツール化したのが、「9マス」文章術です。

そのため、映画の感想を書くならば映画を見る前、食レポを作るなら食べる前など、いずれにしても、「事前に」質問を9つ考えておくことが必要です。

本を読むと分かるのですが、「9つ」というと一見ハードルが高いように見えますが、「興味深かったポイント①」「〜②」「〜③」というように、3つの列挙をすることで、3マスを使用しよう、といった使い方もありです。

ここのところが、大谷選手のシートが有名になり過ぎている弊害だと思いますが、「少し頑張ってみて」質問を考えることをしてみよう、ということです。

答えを「その場」で書くこと

その上でのポイントは、書評記事を書く場合で例示しますが、質問を考えて答えが思い付いたときに、それを「その場」で書くことです。

「9マス」自体は、思考を発散させ、アイデア出しツールとして活用することから、アイデアをどんどん出すために活用することが大切です。

そして、人間は、誰もが持つ「忘却」機能があるので、日々刻々と「思っては消え」を繰り返しています。

その「消え」が発生する前に、この場合でいえば、9マスにアウトソースしておくことが大切です。

そして、それはかなり雑で問題ないのです。人間はその部分では有能で、トリガー、つまりキーワードだけでも書き出しておくと、思い出す可能性が高まるのです。

これら2つの作業をするだけで、文章を書くハードルがはるかに下がる、というのがこの本のメインメッセージだと、私は理解しています。

本ブログの発信軸(2019年4月現在)

そして、「9マス文章術」を使って、このブログの発信軸を考え直すこともしてみました。それがこちらです。

今のところ、パッと書いたところでは、この軸を作成し、記事化しています。ドキュメンタリーブログなので、「自分の成長」を全ての基軸に置いています。

例えば、「新しい発見」のところは、この書評記事を含め、本・セミナーから刺激を受け、その後思索したことを発信することを含みます。また、「人生を楽しむ」では、食事や旅などのことになります。

そう考えていくと、9マスより深部の話も考えるようになってきます。もっとカッチリしてくれば、マインドマップにまとめると綺麗に整理できてくるかな、と感じています。

このように、更なる思考も生み出してくれる効果もあり、文章作成の導入ツールとして用途が広いな、と感じています。

「ベーシック質問」と「スコップ質問」

次に、ここでは、「質問」についての話題を取り上げます。

しかし、文章術の本なのに、なぜ一見無関係な「質問」を取り上げるのでしょうか。

その答えは、「文章は自問自答で成り立つ」からです。

自問自答であるため、答えも文章では示しているので、文章の読み手の観点からすれば一見分かりにくいのですが、堀江貴文さんの本の作り方が文章のあり方を示しています。

堀江さんは、編集者がインタビューして、堀江さんの言葉をインタビュー等から編集者にまとめてもらった上で、修正をして、本として出してもらうという話を以前見聞きしました。

堀江さんと編集者の話の内容が本になっている訳で、そう考えると、文章を自分で生み出す場合には、自問自答をする必要になります。

いわゆる読者のニーズを考える、ということは、言葉はカッコいいですが、その内容は、読者からの質問を想定し、その答えを文章に示しておく、ということになります。

文章はコミュニケーションの1手段なのです。その上で、質問を考えていくと、質問には「ベーシック質問」と「スコップ質問」の2種類があると、著者は本の中で記載しています。

ここで、本文の説明を引用します。

「ベーシック質問は、文章のテーマに関する基本的な材料(情報)を集めるためのもの。」(24ページ)

「スコップ質問とは、より具体的な材料(情報)を集めるための質問」(同ページ)

とのことです。

私はこれまで、質問には、「広げる」と「深める」の2つがあると理解してきました。

このことについては、この記事に記載しています。

この理解と、この本を読み、著者の山口さんの話を聞いて、質問に対する理解を深めることができました。

繋げて考えると、ベーシック質問が「広げる」でスコップが「深める」です。

そして、得てして「良い質問ですね」と評価され、相手のインパクトも大きいのは、「スコップ質問」です。面接で、面接官から質問する権利を与えられたとき、この質問ができる者が評価が高くなります。

疑問詞でいえば、「なぜ」「どのように」という質問をした際、スコップ質問となりやすいです。

しかし、私が感じたのは、どちらも大切な質問であるということです。良い質問を狙い過ぎて、「ベーシック質問」を抜かすと、掘る穴を間違えて、「答えにくいことを質問するなあ」と思われるのです。

つまり、ラッキーパンチとしてのクリーンヒットは起こりうるにせよ、基本は、ベーシック質問をしてから、スコップ質問に移行するということです。

これを意識するだけでも、質問の仕方、ひいては話し方、文章の書き方に次第に好影響を与えるようになってきます。

読者のターゲットを設定する

私は、文書術の基本は、完読を目指すこと、と理解していました。

その理解を深めることができました。

本書によれば、「読者ターゲットを設定し、ニーズを把握し、読後の反応を決め、読者にプレゼントを贈る感覚で文章を書く」ということが必要なようです。

しかし、これは言うのは簡単ですが、実践するのは相当難しいです。

とはいえ、その感覚が究極のゴールだと知りつつ、だからこそまずは「完読」を目指して文章を書こう、という順番で理解すれば、かなり文章の質の上げ方の基本的理解は進むな、と思いました。

半径5メートル以内のネタを書く

私自身は苦手ですが、背伸びをせず、身近なネタをありのままに書く、と言うことがSNSライティング上は特に重要ということが本に記載されていました。

解釈を加えますが、読者はそれぞれ自身の経験があるので、具体的なエピソードを述べるだけでよく、抽象化は読者の中でするのです。

その観点も大切だなあ、と読んでいるときに思いました。

ただ、実際ここは表現の仕方が少し難しいところで、ネタは自分の身に降りかかったことを書きつつ、転用ということを考えると、自身で抽象化までするところを私は重視したいと思っています。

とはいえ、共感を呼ぶという観点では、具体論を徹底的に書くのも手法の1つであり、それは結局ターゲットの差ということもあるとも思いつつ、文章の深さ・難しさも感じました。

編集後記

この「9マス」文章術は、本当にやってみないと分からないな、と思いました。

食レポ・映画評とかがパッとやりやすいかもしれませんが、実際にやってみると、アイデア出しがはるかに楽になります。

本はこちら

書評関連記事は他にもたくさん!もう1記事いかがですか?

記事はこちら。

この記事を書いた人

相羽涼太

相羽涼太

読書、手帳術、旅行記・訪問記・食レポ、ジム(運動、食事)、英語学習などを中心に記事を更新します。

インターネットの登場で、「考える」ことが減りがちな今こそ、自分なりの軸を持って、考え、発信していくことを大切にしたいと考えています。

SF(上位10位、2019年1月現在):慎重さ、収集心、個別化、責任感、自我、指令性、目的志向、自己確信、信念、学習欲