食レポ 「トリトンのお寿司」

タイトル通り、トリトンのお寿司は美味しいですよ、というお話です。

トリトンは、そもそもは北海道のチェーン店だったのですが、近年、東京進出を始めました。とはいえ数店舗の進出なのですが、この店が素晴らしいです。

まずもって、ネタが大きいです。関東圏サイズだと、シャリとネタはイコールか、むしろシャリの方が多いのでは、という感じなのですが、ここは確実にネタの方が大きいです。どうも北海道民からしたら当たり前のようなのですが、関東民からしたらシャリの方が大きいのがスタンダードなので、シンプルに驚きます。

次に、新鮮です。お寿司屋さんの寿司のネタは、なんかにつけて保存して、そこから出されたんだろうな、というイメージの味がするもので、特にウニは農薬のような味、というイメージだったのですが、トリトンのお寿司は新鮮です。例えば、イカやタコを食べてみると、その弾力に驚きますし、その他のネタもくちゃくちゃ感というか、ねちゃねちゃ感といいましょうか、そういった類の生臭い味を感じません。

さらに、個別のメニューも美味しいです。ここでは2つ取り上げます。1つ目は〆鯖、2つ目は今日の味噌汁です。〆鯖は、居酒屋でも出てくるメニューではありますが、トリトンのはキリッとした味わいです。食べるとしゃきっとする感じがします。非常に言葉にしにくいのですが、あえて言葉にしてみました。2つ目の今日の味噌汁は、ホタテとしじみを食べたことがあります。ホタテの味噌汁は、まず存在を知りません。ここで初めて出会いました。また、しじみの味噌汁は、これまで下の方に砂が残る印象があり、あまり美味しく頂けた経験がなかったのですが、ここで最後まで飲み干せるしじみ汁に出会えました。

こんな良いことずくめのトリトンですが、大きな欠点があります。それは人気なことです。時間帯が悪いと食べるのに1時間かかります。これは同店の北海道のお店ではまずありえないそうです。ただ、そこは東京という人口過密地帯にいるので我慢ですかね。本でも読んでゆっくり待ちましょう。

この記事を書いた人

相羽涼太

相羽涼太

読書、手帳術、旅行記・訪問記・食レポ、ジム(運動、食事)、英語学習などを中心に記事を更新します。

インターネットの登場で、「考える」ことが減りがちな今こそ、自分なりの軸を持って、考え、発信していくことを大切にしたいと考えています。

SF(上位10位、2019年1月現在):慎重さ、収集心、個別化、責任感、自我、指令性、目的志向、自己確信、信念、学習欲