蕎麦 香寿庵@会津若松【食レポ】〜サクッと食べたい時に適したお蕎麦屋さん〜

お蕎麦屋さんに行き、蕎麦を食べました。

折角の会津若松なのですが、サクッと食べる形になりました。

はじめに

初会津若松でご飯を食べました。

サクッと食べるということで、先日食べてからあまり日は経ってはいないのですが、お蕎麦をいただきました。

アクセス等

関連ランキング:そば(蕎麦) | 七日町駅西若松駅会津若松駅

入店〜注文

お店に入ると、思ったよりお店が広いことに驚きました。お店はテーブル席だけでなく、お座敷の席もあるようです。

夜は日本酒も色々と用意しているようです。お店には日本酒が結構並べられていました。

それにしても、ランチメニューと普通のメニューの値段が違います。

ランチメニューはかなりお手頃価格ですが、普通のメニューは過半が1,000円超えで、それなりの値段がしました。

今回は、ランチメニューの「ミニかしわ丼セット」を注文しました。

ソフトドリンク

セットメニューを注文すると、ドリンクがついてくるとのことで、私は「オレンジジュース」を注文しました。

ドリンクがついてくるのは少し嬉しいですね。他方で、コーヒーは何故か+50円であるそうです。

コーヒーも同じでいいと思いましたが、コーヒー需要は一定程度あるので、それを見込んだ値段設定にしているのかもしれません。

オレンジジュースは普通の美味しいビンのオレンジの味がしました。

かけ蕎麦

やっぱりかけ蕎麦はあったまりますね。均一にカットされており、食べやすかったです。

蕎麦が結構細かくカットされていて、食べやすい反面、ズーッと啜るような場面は不必要でした。

スープも身体に優しい味わいで、美味しく頂きました。

ミニかしわ丼

「かしわ丼」って何だ、と思っていたのですが、鶏肉のことである旨の注記がありました。

食べてみると、タレの部分が一番美味しかったです。

お肉の部分は、部位はささみだったでしょうか。普通の味でした。

おわりに

個人的には、味はそれなりではありましたが、車等からのアクセスはいいので、ふらっと訪問しやすいな、と思いました。

ちなみに、「八重の桜」のポスターが貼られていました。やはり大河を自分のまちでやるということは、誇らしいことなんだなぁ、ということを感じました。

この記事を書いた人

相羽涼太

相羽涼太

読書、手帳術、旅行記・訪問記・食レポ、ジム(運動、食事)、英語学習などを中心に記事を更新します。

インターネットの登場で、「考える」ことが減りがちな今こそ、自分なりの軸を持って、考え、発信していくことを大切にしたいと考えています。

SF(上位10位、2019年1月現在):慎重さ、収集心、個別化、責任感、自我、指令性、目的志向、自己確信、信念、学習欲