講座受講記『MacとiPhone でハッピーを加速させて仕事も効率アップする講座』

これまでWindowsを利用してきたところ、最近からMacとiPhoneを使っているのですが、あれ、、Mac使わないな、と思ってMacの使い方を学びにいきました。

特にMacは冊子としてはマニュアルを貰えはしないので、基礎的なところから分かっていなかったのですが、この講座を受けて少し発見がありました。

また、これまでWindowsを使ってきた人間だったので、Macを使うメリットが分かったので、使う意味が理解できたのが良かったです。これまではMacの方が小さいしスタイリッシュだな、くらいの認識しかなかったのですか。

今回は列挙型で発見を述べていきます。

○retina display

MacはWindowsよりも画像がきれいなのは、上記ディスプレイを使っているからとのことでした。そういえばきれいだな、と思い、そこがMacの良さか、と理解しました。

○Macは電源がすぐつく

確かに…!また、Windowsのように急に更新作業が入って、動作できなくなる、とかそうしたこともない、と聞いて、確かにないな、、と思った次第でした。しれっと便利になっているので、言われて気づきました。。

○トラックパッドについて

一番の発見は、なんでWindowsと逆にスクロールしないといけないんだろうな、と思っていたのですが、これはiPhoneで画面を触りながらスクロールすることをイメージするということなのですね。そう言われて上手く使えるようになりました。

○デュアルディスプレイ

デュアルディスプレイができる、というのが発見でした。Windowsではできるんだけど、Macだと出来ないのかな、、と思っていたのでありがとうございます。

○音声入力

iPhoneからアプリダウンロードしたりとかしても使えないな、、と思っていたのですが、Macの音声入力は活用できる、というのが大きな発見でした。全くやったことがないので、やってみよう、と思いました。

○資料の保存

資料保存ってどこでそんなことが、、と思っていたのですが、できるんですね。Windowsではデスクトップに置いておけばいいのですが、Macはデスクトップに出てこないな、、とか思っていたのでびっくりしました。

○iCloudについて分かった

iCloudって何だ、すぐいっぱいになるぞ、と思っていたのですが、上手く使うと便利であることを教えて貰いました。まずは、月に一本ジュースを我慢しましょう、ということですかね。

などなど。

書いてみると本当に基礎なのですが、私にとっては新しい発見ばかりでした。

慣れない作業なのでむちゃくちゃ疲れましたが、色々と新しい知識が入りました。ちょっとずつMacさんと仲良くなれればと思います。

この記事を書いた人

相羽涼太

相羽涼太

読書、手帳術、旅行記・訪問記・食レポ、ジム(運動、食事)、英語学習などを中心に記事を更新します。

インターネットの登場で、「考える」ことが減りがちな今こそ、自分なりの軸を持って、考え、発信していくことを大切にしたいと考えています。

SF(上位10位、2019年1月現在):慎重さ、収集心、個別化、責任感、自我、指令性、目的志向、自己確信、信念、学習欲