動画録 「パソコン時短術」

時間の中で、無駄な時間を減らす、というのが最も取り組みやすいアプローチであり、そのためのパソコンの方法について、提案がありました。

パソコン時短術には、整理整頓・使いやすさ・簡単設定が重要と説いていました。

以下、具体的な箇所について、3点紹介します。

①整理整頓

整理整頓が大切です。定位置に置いて、定位置に戻すことでパッと取り出しやすくなります。一般的なビジネスマンは、1日1時間を捜し物に費やしているそうなので、その時間を減らすことが時短になります。

確かに自分の経験からもそうです。私の場合は、モノが多すぎて、自分で処理しきれないことが分かると頭が混乱し、効率が落ちてしまいます。紙のデータはあまり多いと本当にダメですね。紙の保持はよく見るもののみとして、基本データで持っておく方式にしよう、と改めて思いました。

②PC文書の管理について

検索は時間の無駄です。直接ファイルを開けるように、フォルダ名に手間をかけつつ、深すぎない階層の構築が重要だそうです。

フォルダ名記載はもうやっているのでまぁいいのですが、深すぎない階層、というところがまだ出来ていません。

確かに既に文書を探すのに難儀しているため、階層を浅く管理しようと思いました。基本、時系列に並べた方が頭が整理しやすいのでは、と最近考えています。

③バランス感について

アナログとデジタルのバランスが大切です。何でもかんでもデジタル化するのはよくないです。特に、抽象的な思考などは、アナログの方が時短となることが多いです。

最近、メモを取るとか、手帳やノートに書くことの重要性をひしひしと感じているところです。クリエイティブなところは、アナログで、というところは、これからの時代、特に留意する必要がありますね。

なお、動画内で、グーグルChromeとかも勧められていたので、あまり使ってこなかったのですが、使ってみようかな、と思いました。

この記事を書いた人

相羽涼太

相羽涼太

読書、手帳術、旅行記・訪問記・食レポ、ジム(運動、食事)、英語学習などを中心に記事を更新します。

インターネットの登場で、「考える」ことが減りがちな今こそ、自分なりの軸を持って、考え、発信していくことを大切にしたいと考えています。

SF(上位10位、2019年1月現在):慎重さ、収集心、個別化、責任感、自我、指令性、目的志向、自己確信、信念、学習欲