焼肉バルDON@福島県浪江町【食レポ】〜ロース肉が食べられるとは嬉しいです!!〜

福島県浪江町にいる時に、昼ご飯を特段決めずに適当にふらついていたのですが、たまたまこちらのお店に訪問することにしました。

ラーメン屋さんなどはありますが、お肉を扱うお店があるとは思いませんでしたので、少し驚きつつ、訪問しましたのでレポートします。

お店はこちら

https://retty.me/area/PRE07/ARE222/SUB22202/100001435656/

着席まで

福島県の浪江町役場からすぐそばに、飲食店が出来ていました。知らなかったのですが、調べてみたところ、2018年4月からオープンしているようでした。

焼肉バルDONというなんとも美味しそうな名前。名前だけでそそられます。

少し分かりにくいのですが、店内も結構スペースがあり、店内で食べる場合にも、それなりに人数を収納できます。

また、ランチ時間帯は、お弁当も販売しているようで、丁度昼の12時くらいに訪問したということもあり、結構レジのところに購入されようとしているお客さんがいるのが見えました。

訪問時間が時間であったため、ほぼ満席であったのですが、偶然着席はできました。木で作られた机と椅子で温かみを感じさせます。

いざ、注文

着席すると、メニューを選択するのですが、メニュー表が席にありません。ちょっと探すとプレートを発見しました。ロースのお肉を基本として、ソースが色々と選べる方式でランチをしているようです。

また、牛系のメニューもスペシャルとして、少し値段が上がっているようですが、販売しているようでありました。

「○秘ソース」や「あの時の味?」など、味が想像できないものが多かったのですが、席の上にあった、人気順番を見て、結局スタンダードな「味噌焼き」を注文しました。

「しょうが焼き」と「味噌焼き」はまあ間違えがない味ですね。

ロース味噌焼き定食

注文して、少し待っていると、間も無く料理が来ました。

写真だと、ロースが3枚に見えるのですが、下に1枚隠れており、計4枚でした。3枚だと少なく感じますが、4枚だったので十分満足できる肉の量です。

サイドメニューとして、お新香と、味噌汁とシチューがありました。小皿メニューとしてシチューが斬新でした。でもシチューで煮込まれているので、大きい人参もかなり柔らかく煮込まれており、冷めてはいたのですが丁寧な味わいでした。

何よりメインのお肉ですね。味噌のソースは少し甘めの味わいでした。とはいえ、断じて甘すぎるということはなく、コクのある味わいで、お肉とかなり絡ませて提供されており、お肉を食べると常に味噌も一緒に味わえるほど、絡み合っていました。

お肉だけだとどうしてもシンプルな味になってしまうのですが、美味しかったです。また、お新香や味噌汁もあり、一通りのものが揃っています。

値段は、税込で880円でした。お弁当の表示を見ると、お弁当が安く感じてしまいますが、お弁当の方が量が少ないのでしょう、と勝手に解釈しています。

おわりに

このお店は、昼はランチ展開なのですが、夜は焼肉であるようでした。

仙台牛・豚を使っている旨、店内の看板に表示があったので美味しいことだろうと思います。

是非食べてみたいなあ、と思いました。

この記事を書いた人

相羽涼太

相羽涼太

読書、手帳術、旅行記・訪問記・食レポ、ジム(運動、食事)、英語学習などを中心に記事を更新します。

インターネットの登場で、「考える」ことが減りがちな今こそ、自分なりの軸を持って、考え、発信していくことを大切にしたいと考えています。

SF(上位10位、2019年1月現在):慎重さ、収集心、個別化、責任感、自我、指令性、目的志向、自己確信、信念、学習欲

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします