動画視聴録 『脳を猛烈に活性化する運動仕事術』

今回、運動の大切さについて主張が展開される動画を見ました。

運動は重要だ、とはよく言われますが、なぜいいか、と言われるといまいち分からず、まぁいいか、、となってしまう場合、ぴったりなコンテンツです。

ただし、運動はまずやってみることが大事なので、これ見て理屈を知って、運動してみることが大切です。

コンテンツを視聴して今回得た大きな知見は以下の3点です。

まず1点目は、1時間の運動で10時間寿命が伸びる、こんなに効率的な時間投資は他にない、という点でした。効率的な時間投資という表現がとても個人的には気に入りました。運動はよいことなのですが、効果が目に見えて分かりにくいことが気になる点でした。しかし、時間投資としてやっている、と考えれば、今の運動に意味がある、ということを心から思うことができるなぁ、と実感しました。

次に2点目は、運動するとよいことがわかったことです。具体的には、運動すると①BDNFが出て、脳にとってよい。記憶力・集中力向上を望むことができる。②運動をすると成長ホルモンが出る③運動をするとストレス発散効果がある、ということが分かりました。特に、疲れた時ほど身体を動かした方が疲労は取れるということ、運動するだけで記憶力、集中力向上に寄与すること、ストレス解消に役立つこと、というのが新たな発見でした。頭も身体もよくなるし、ストレスは解消されるし、最強ですね。

3点目は、原始人は、一日100キロ走った、というところです。原始人はかなりの距離を走り、人間より足の速い動物と持久走争いに持ち込んで、狩りをしていたようです。そういう仕組みを備えているとすれば、人間にとって運動は必須の取り組みであることを学びました。

まずは定期的に運動することですね。週2回でそれぞれ1時間から、ということでしたが、それは既にクリアしているので、1時間半に時間を増やそうかな、と思っています。

そこから週3回運動できるといいな、と個人的には思っています。

この記事を書いた人

相羽涼太

相羽涼太

読書、手帳術、旅行記・訪問記・食レポ、ジム(運動、食事)、英語学習などを中心に記事を更新します。

インターネットの登場で、「考える」ことが減りがちな今こそ、自分なりの軸を持って、考え、発信していくことを大切にしたいと考えています。

SF(上位10位、2019年1月現在):慎重さ、収集心、個別化、責任感、自我、指令性、目的志向、自己確信、信念、学習欲

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします