『月3冊で自己成長を最大化する超時短読書術』動画視聴録

動画コンテンツを視聴しました。

本は、もっとも費用対効果の高いインプットである、という話から、本をアウトプットする重要性まで、本を活用する際の重要な事項を網羅的に説明されておりました。

印象に残ったところは、

まず、孫子の「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」を引いた上で、読むべき本について①人が勧める本②短所克服③長所進展とご教示頂いたところです。先生は、己を知るのがほとんどできていない、と言っており、確かになぁ、と思った次第でした。苦手は割と分かるが、長所はちょっと自身を持っても上には上がいることが分かって難しいな、と思いました。

〇得意→プレゼンテーション的な話、書くこと(普通から得意にしていきたい)

〇磨きたいところ→どんどん攻撃的なしゃべり、徹底的な準備

次に、本の読み方です。パラパラ読み→精読→アウトプットの順番なのですが、まず、パラパラ読みで目標達成を先取りすること、というのは、そこまで意識して出来ていなかったです。本に慣れるため、という観点から、パラパラ読みはしてはいたのですが、フレーズまで落とし、ラインを引いて先取りする、というところまではできていませんでした。

最後に、アウトプットは1週間に3回すること、ヒット本よりホームラン本が大切、という点です。アウトプット3回は、ノートに記載、SNSにアウトプット、話すをすれば3回ですね。3回やっているときもあろうとは思いますが、意識的にやらないと抜け漏れが生じるので、しっかりチェックしてやっていくべきですね。

アウトプットが重要なのは、もちろんですね。アウトプットしていく中で、少しずつでも成長しつつ、分かりやすい文章となるようにステップを踏んでいきたいと思います。

ありがとうございました。

この記事を書いた人

相羽涼太

相羽涼太

読書、手帳術、旅行記・訪問記・食レポ、ジム(運動、食事)、英語学習などを中心に記事を更新します。

インターネットの登場で、「考える」ことが減りがちな今こそ、自分なりの軸を持って、考え、発信していくことを大切にしたいと考えています。

SF(上位10位、2019年1月現在):慎重さ、収集心、個別化、責任感、自我、指令性、目的志向、自己確信、信念、学習欲