【セミナー動画視聴録】「情報発信」ロケットスタートセミナー(樺沢紫苑講師)〜情報発信のいろはからその先まで〜

「アウトプット大全」において、アウトプットの大切さを訴えた樺沢先生が、具体的なアウトプットの方法の一つとしての「情報発信」についてセミナーを実施しました。

情報発信って、奥が深いですね。

当然なのですが、まだまだ理解が浅いなぁ、学ぶことが必要だなぁ、と感じた会でした。

はじめに

アウトプットは大切なのが今更ながら段々と分かってきたのですが、もう少し前に進みたいな、とぼんやり思っていました。

ニーズを考えるとか、売るコンテンツを考えるとか、更に前に進んでいる人に対するアドバイスもありましたが、初心者〜中級者までみんなが学びの点がある会になっていました。

情報発信に適切な場

情報発信にあたり、今あるメディアを分析されていました。

私は見よう見まねで始めたばかりなので、ただただ勉強になりました。

曰く、

ブログ…はじめての人、新規顧客獲得

SNS…友達、拡散(交流により親密度↑)

メルマガ…2回目以上、ファン

とのことらしいです。私はまだまだメルマガの段階にはないのでそれは置いておいて、ブログとSNSの違いをかなり明文化して頂きました。

ブログは検索からの流入が多いんですね(恥ずかしながら始めて知りました。。)。

また、ブログは80%が新規顧客というのもなかなか衝撃を受けました。

よく構造が分かってなく、何となく色々なツールを我々は使っていますが、何となく使っているものがどのようにして出来ているかを知ることは大切だな、と気付かされました。

SNSについて

そんなステージの違いを理解した後で、SNSについて更に深められました。

私は特にFacebookのついて、いまいち理解できていなかったので、勉強になりました。

Facebookはたとえ反応がなくとも、よく読まれているメディアだそうです。確かに樺沢先生の投稿分析でも、6000人もの方が投稿を見ていたようです。

また、ワンポイントアドバイスとして、名刺交換したりしたら、必ずFBで友達になることが大切だとのことでした。ただ会った人とFB友達になる、というだけですが、ちょっとFB友達増やそうキャンペーンを開催しようと思います。

毎日更新

やはり、というべきでしょうか、毎日更新が大切とのことでした。

ほぼ日でよいので続けることが大切だ、とのことでした。

「100−300–1000記事の法則」とも先生はおっしゃっていますし、立花岳志さんは200記事がまずの最低ラインともおっしゃっていました。

ブログは更新することが大切ですね。

ギブ&ギブ

ここは、そうだろうな、とは思いつつ、出し惜しみする気持ちも分からなくもないな、と思いながら聞いていました。

曰く、「全力投球をして、出し惜しみをしてはいけない。出し惜しみをすると、そのコンテンツで評価されてしまう。」とのことでした。

おっしゃる通りですが、出版とか見据えるとネタを蓄えた方がいいのでは?とも思います。

その疑問が湧いてきた時に樺沢先生がおっしゃったのが以下の言葉です。

「全力投球しても、それはその時の全力投球であるに過ぎないから、その後、例えば執筆依頼が来たとすると、知識がアップデートしている。そのため、結局問題は生じない。」

とのことでした。知識のアップデートをしている前提で話している点はありますが、納得しました。

インプット源

そんな知識のアップデートですが、樺沢先生は普段どのようにしているのでしょうか、という事前質問がありました。

回答には、Amazonが勧める本とかもありましたが、述べられていて私にとっての学びになったのは以下の2つです。

  • 「人から」教えてもらう(サシ飲み)
  • 疑問は瞬時に検索すること

人から教えてもらうことは大切ですが、いざインプット源となると、サシ飲みとかで教えてもらうアプローチはなかなか書けないと思います。どちらかというと本を読むとか、セミナーを受けるとかそういう記載が出てくると思います。

しかし、教えてもらうことを堂々と述べているということは教えてもらって生きた知識を得て、それを実践に移しているということです。特に飲み会で言われたこととかは何となく流してしまいそうですが、しっかりインプットして、アウトプット、フィードバックを回していくことの必要性を感じました。

今はかなり意識して、むしろ「話を聞きたい」と思ってアプローチしているときはインプットしますが、それ以外の時はそこまで意識していません。

人からのアプローチもインプット源として言えるようにしていこう、と強く思いました。

また、「疑問は瞬時に検索する」もさらっと書いてありますが、ついつい後回しにしてしまうものです。

しかも、スマホというすぐに検索できるツールは手元にあるにも関わらずです。

多少検索はしますが、必ずしも瞬間的ではないので、すぐやることを心掛けていきたいと思います。

ビジョンを策定することが大切

このように大小さまざまな事柄についてアドバイスをもらいましたが、大方針としては、情報発信にあたっては、大前提としてビジョン策定が大切であるとのことでした。

ビジョンは以前策定してみたことがあるのですが、

まだ抽象度が高いので、まず、今発信している、読書・セミナー等から学ぶこと、ボディメイク、カフェ・飲食店めぐりなど、好きを得意にして、強みにしていくことから始めてみようと思います。

なお、

「お金」を稼ぐために…という話もあったが、その際には、「自分の商品」が必要。

という話もありましたが、そこは私にとってはまだ先の話かな、と思いました。

おわりに

情報発信の広がりと深みを知ることの出来た講座でした。

名称としてロケットスタートとはありますが、地道に、日々少しずつ前に進んでいくことが大切ですね。

この記事を書いた人

相羽涼太

相羽涼太

読書、手帳術、旅行記・訪問記・食レポ、ジム(運動、食事)、英語学習などを中心に記事を更新します。

インターネットの登場で、「考える」ことが減りがちな今こそ、自分なりの軸を持って、考え、発信していくことを大切にしたいと考えています。

SF(上位10位、2019年1月現在):慎重さ、収集心、個別化、責任感、自我、指令性、目的志向、自己確信、信念、学習欲

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします