【セミナー、動画視聴録】「100万PVブログの作り方」(by立花岳志先生)〜情報発信の基礎を学びました〜

樺沢紫苑さんが主催されている「ウェブ心理塾」でアーカイブが見れるので、2017年2月のコンテンツですが、それを1年半後に見てみました。

「ウェブ心理塾」は、月5,000円です。

私はこの塾を2ヶ月ほど続けたのですが、1万円分の学びを得ることができなかったので先日辞めました。

まだ、「ウェブ心理塾」の段階まで至っていない、ということなのだと思います。

【関連】

樺沢塾はこちら

樺沢さんのメルマガは↓

はじめに

立花さんの情報発信の会のアーカイブを見ました。

1年半前の話であるはずなのですが、今のことをたくさん指摘頂いてありがたかったです。

何より、立花さんの話を聞いても、「自分にはできないな」とかは全く思わなかったことが不思議でした。

話を聞いて、パワーを貰いましたし、分からなかったところが分かってきました。

SNSの使い方について

ブログとSNSの違いが分からないまま、何となくやっていたのですが、このコンテンツを視聴して、違いを理解しました。

ブログは待ちのメディアで、他方で、検索から入ってくる率が80%という高い水準になるため、新規流入の可能性があります。

SNSは、シェア・リツイート機能があるので、友達伝いで情報が拡散するということでした。だからこそ、SNSの拡散力を正しく活用したく思います。バズは狙って起こすものでないこと、自分が好きなことを極めることが大切であることを学びました。

また、Facebookページなるものがあり、それを使ってブログを更新したことを報告し、個人アカウントでシェアすることが望ましいとのことでした。

まだFacebookページの意味合いは分かりませんが、使ってみて、Facebook広告なる機能を発見し、個人アカウントとの違いを少し感じたところです。

SEOの大切さ

SEOが大事、と言われていますが、その対策は全く知りませんでした。

例えば、検索エンジンの構造を考えると、本のタイトルからなど、直接的な情報から入れた方がいいとのことでした。

感想→本のタイトルで書いていたりしたので、真逆のことをしていたんだな、、と反省しました。

また、私のようなブログ初心者は、先手必勝で、検索上位にいくことが大切だ、とのことでした。

予告が出たらそれを記事にして、実際に発売されたらすぐやる。

私はかつてプロテインバーでこれをやったくらいですが、その手法をもっと使ってみようと思いました。

やっぱり、すぐやること、って大切なんだなぁ、と改めて実感しました。

やめないこと・自分からやること

翻っていえば、続けることが何より大切だ、とのことでした。

続ける奴が生き残るとのことでした。特にブログを通しての情報発信は、始めるハードルが低い分、辞めるハードルも低いのです。

だからこそ、続けるために、ハードルを下げることが大切で、「質より量より更新頻度!」とおっしゃっていたワケなのです。

あとは、自分からやることも大切だということでした。ほとんどの人がやらないからこそ、やることに価値があるのです。

そのため、自分がやる、と言うだけで特別な人になれるとのことでした。

おわりに

ブログで稼ぐには、相応の覚悟が必要で、そのためには、よりビジョン・目標を明確化することが必要なことを痛感しました。

とはいえ、いつか本を出してみたいなぁ、という憧れめいた思いは持っているので、尖った人材を目指していこうと思いました。

この記事を書いた人

相羽涼太

相羽涼太

読書、手帳術、旅行記・訪問記・食レポ、ジム(運動、食事)、英語学習などを中心に記事を更新します。

インターネットの登場で、「考える」ことが減りがちな今こそ、自分なりの軸を持って、考え、発信していくことを大切にしたいと考えています。

SF(上位10位、2019年1月現在):慎重さ、収集心、個別化、責任感、自我、指令性、目的志向、自己確信、信念、学習欲