応援している人・モノ(お題でアウトプットキャンペーン)

現在、「アウトプット大全」(樺沢紫苑著)の15万部突破を記念して、同本の出版社が、「お題でツイートキャンペーン」をTwitter上にて開催しています。

2018年10月15日〜11月14日までやっているそうなので、継続的に参加していきます。

詳細はこちら

今日のお題

今日は、「応援している人・モノ」とのことでした。

もちろんここに紹介しているもの以外にも応援しているものはありますが、熱いお題でした。

Mr.Children

もはや、応援しているということ自体がおこがましいですが、ファンということは応援しているということなので、ミスチルが応援している人になります。

挫けそうになった時は、「終わりなき旅」を聞いて、

「高ければ高い壁の方が 登ったとき気持ちいいもんな」

というところで、頑張ろう、と励まされました。

また、恋愛の関係で動揺していた時は、「くるみ」の

「今以上をいつも欲しがるくせに 変わらない愛を求め歌う」

というフレーズと、情熱がこもった歌を聴いて心が揺り動かされたりしました。

他にも名曲が山のようにありますが、生活の周りでミスチルに溢れています。

また、近年ではラッドの「有心論」をカバーされたり、貪欲に吸収される姿勢にも憧れます。

橋下徹さん

政治という文脈でいえば、橋下徹さんの論理力とリーダーシップは凄いな、と思いました。

パワーがあるといいますか、情熱を燃やして政治をやられていたな、と強く感じました。

橋下さんと言えば、記者会見で記者の勉強不足を指摘する様子が印象的でしたが、あれには相当な準備が要ります。

そもそも記者は一点どこか穴を開ければいい一方、橋下さんはどこを責められてもしっかり返答をできるようにしないといけない、というハンデがあります。

それにも関わらず、かえって記者の不勉強を断じるのは、相当な準備をしてこられ、相当な気力をもって取り組まれてきたことと思います。

別に政治に限らず、リーダーとしての橋下徹の姿を応援したいな、と思います。

たまたま立ち寄ったイタリアンのお店

応援したいというタイトルからすると、正面から答えているのはこの回答だと思います。

2018年10月にオープンしたイタリアンのお店なのですが、訪問した時、明らかに困惑しながら頑張っている店員さんの姿が印象的でした。

おそらく地元に愛されるお店を目指しているのでしょう、暖かい雰囲気を感じました。

ただ、野菜バーと言いながら野菜が既にほとんどなかったり、そもそも種類がなかったりなど、欠点も見受けられました。

純粋に「潰れないで頑張って欲しいな」と思いました。

おわりに

ミスチルについて少し紹介ができたのが良かったです。

楽しいお題でした。ありがとうございます。

この記事を書いた人

相羽涼太

相羽涼太

読書、手帳術、旅行記・訪問記・食レポ、ジム(運動、食事)、英語学習などを中心に記事を更新します。

インターネットの登場で、「考える」ことが減りがちな今こそ、自分なりの軸を持って、考え、発信していくことを大切にしたいと考えています。

SF(上位10位、2019年1月現在):慎重さ、収集心、個別化、責任感、自我、指令性、目的志向、自己確信、信念、学習欲