今年1番予想外だったこと(お題でアウトプットキャンペーン)

現在、「アウトプット大全」(樺沢紫苑著)の15万部突破を記念して、同本の出版社が、「お題でツイートキャンペーン」をTwitter上にて開催しています。

2018年10月15日〜11月14日までやっているそうなので、継続的に参加していきます。

詳細はこちら

今日のお題

「今年1番予想外だったこと」とのことでした。これも結構難しいですね。ギャップを考えるのが簡単ではありませんでした。

1番と言っても、分野ごとに分ければそれぞれの1番があると思いましたので、それぞれ記載して見ました。

対人関係について

「好意の返報性」を身を持って感じました。

基本的には、自分から好意を伝えても、相手が自分のことをどう思っているかは分からないので、なかなか判定ができません。

しかし、逆の場合ですと、自分の感情を観察すればよいので分かります。

この経験もあったので、しっかりと自分から「好意」を伝えていくことの大切さも実感できました。

個人的な事柄について

私個人のこととしては、このブログを始めたことです。

話すとか書くという「発信」を今年1年意識し、それを意識してきてよかったな、と今から年初を振り返るとそう思います。

最初は本当に、右も左も分からずで、記事を書くのも相当苦戦していましたが、徐々にそのハードルが下がってきていることを最近実感しております。

「しっかりと自分を発信できる人物」になれるよう、これからも自分のペースで淡々とやっていこうと思います。

食べ物について

これは上記2つからすれば小さい事柄ではありますが、、

個人的に、これまで野菜全般があまり好きではなかったのですが、毎日1食を自然に食べられるようになってきました。

ボディメイク上必要だと考えたことが食べるきっかけとなってはいますが、自然に食べ、また、脂分の多い食べ物はあまり好きではなくなってきました。

高校時代とかマックのポテトをいっぱい食べていた気がするのですが、味覚が変化したんですかね。

なんか不思議な感覚になります。

おわりに

「予想外」という言葉がこのお題を難しくしている気がしました。

なお、「予想外」という意味では、今年の映画、「銀魂2」は笑って泣けてを見事に体現していてびっくりしました。

大体、「笑って」だと「泣けて」までいかないのですが、自然な展開で、「泣けて」ストーリーに移行していたのが強く印象に残っています。

↓記事はこちら↓

この記事を書いた人

相羽涼太

相羽涼太

読書、手帳術、旅行記・訪問記・食レポ、ジム(運動、食事)、英語学習などを中心に記事を更新します。

インターネットの登場で、「考える」ことが減りがちな今こそ、自分なりの軸を持って、考え、発信していくことを大切にしたいと考えています。

SF(上位10位、2019年1月現在):慎重さ、収集心、個別化、責任感、自我、指令性、目的志向、自己確信、信念、学習欲