【ボディメイク】運動について(2018年10月現在)

雑記的にはなりますが、運動について、自分のビジョンがよく分からない気がしてきたので整理しようと思います。

目標となる人物は誰か。

武田真治さんの身体を目標にしてきましたが、細すぎるのは自分の体に合わない気がしてきています。水泳を10年近くやっていたため、肩はある程度幅があるのも、私にとって細身が厳しい理由です。

とはいえ、ボディビルはムキムキ過ぎて自分の好きな感じではないです。となるとやっぱりフィジークでしょうか。フィジーク選手はカッコいいと思います。現在特段好きな選手がいるとかはないのですが、やっぱり目標とする人物がいた方がいいと以前に言われたこともあるので、今年中に目標人物を確定できればな、と思いました。

あとは、まだ全然よく分かりませんが、海に行くことが決まっているとか、大会に出るなど定期的に対外的な行事があると、自分の習慣形成に寄与するかな、ともぼんやり考えました。

運動について

現在、週2回の運動をしています。

ただし、ここは週3回にしたいので、現在、「小さな習慣」メソッドを活用し、毎日腕立て1回運動をしており、1週間の成功をしたところです。

週3回にしたいとは思っているのですが、ここは焦らず、まずは、腕立ての定着の方を図ろうと思います。

そこから腹筋とかに繋げて、運動の頻度を(できるだけ自然に)上げることがスタートですね。

運動メニューの問題

無酸素→有酸素が最大のエネルギー消費につながるのに、今逆に実施しているという問題があります。しかし、それは最初はイマイチやる気になっていないからであるので、上記週間ができれば改善してくるかな、と思います。

あとは筋トレメニューについては、ベンチプレス+1が基本でしょうか。考えずに無心でやりたいので、ある程度メニューを固定化した方がよいかもしれません。

とはいえ、まずは上記の運動習慣の形成に注力し、これはその後の課題として頭の隅に置いておくのがいいのかな、と考えています。

食事について

「タンパク質中心の食事」と「野菜をしっかり取ること」を意識することが大切です。タンパク質意識が少し上がってきましたが、野菜はもっと頻繁に食べてもいいんじゃないかな、と少し思います。

いえ、そこではなく、最大の課題は甘いものを食べてしまうことです。コンビニで買ってしまうところがあるので、対策が難しいです。まずは家に直帰することですね。そして夜プロテイン。あと昼の感触はガムを噛むことですかね。まだ有効打を模索中ですが、やってみます。

プロテインについて

食事と同じですが、タンパク質は体重の2倍がいいと言われるところ、なかなか食事だけで取るのは難しいのが実情です。そのため、プロテインを有効に用いて、総量を確保するためのカバレッジを行う必要があります。

  • ホエイプロテインは、吸収が早いので、運動直後が良いとされています。
  • カゼインプロテインは、吸収が遅くなることから、夜寝る前とかに有用らしいとされています。

でも、実際のところ私のレベルだと、「まずプロテインをしっかり摂取して、タンパク質をしっかりキープする」ことが大切だと思い至りました。カゼインちょっとやってみているのですが、飲み分けで考えるのが面倒ではあるので、まずは定期的に飲むことに注力しようと思いました。

ちなみに、プロテインには、ソイもありますが、私は活用していません。

おわりに

こうやってざっと課題を洗ってみると、結構課題があることが判明しました。

ちょっと頭が整理されてきたので、やってみようと思います。

【参考】飲んだことのあるおススメプロテイン

個人的には、マイプロテインか、ビーレジェンドがおススメで、味は、バナナかチョコが美味しいかなと思います。思ったより美味しいです。

この記事を書いた人

相羽涼太

相羽涼太

読書、手帳術、旅行記・訪問記・食レポ、ジム(運動、食事)、英語学習などを中心に記事を更新します。

インターネットの登場で、「考える」ことが減りがちな今こそ、自分なりの軸を持って、考え、発信していくことを大切にしたいと考えています。

SF(上位10位、2019年1月現在):慎重さ、収集心、個別化、責任感、自我、指令性、目的志向、自己確信、信念、学習欲