【セミナー視聴録】「ベストセラー作家が教える!出版を実現する方法の全て」(ウェブ心理塾・講師:樺沢紫苑先生)〜全く知らなかった出版について始めて聞きました〜

こんにちは!相羽涼太(@ryotaaiba)です。

現在、一旦、期間限定となることを想定しておりますが、樺沢先生の「ウェブ心理塾」に入会しています。

【参考】ウェブ心理塾

そのアーカイブを見ていると、出版に関するコンテンツがあったので、早速、視聴しました。

出版に対しては、正直、これまで、知識をしっかりと仕入れたことがありませんでした。そのため、出版は雲の上の人がしている話だと思っていたのですが、このコンテンツを見てから、見方が変わりました。

「雲の上の存在ではないな。誰にでもチャンスは転がっているかもしれないな。」という認識に変わりました。

やっぱり、「知らない」のと「知っている」のでは、大きく違いますね。もちろん、「知っている」と「やっている」はまた違うのではありますが、選択肢のある/ないを分ける知っているか否かというのも、大きな要素だなと感じました。

経験値と書き方

樺沢先生の考える「ステージ」に従うと、情報発信者から講師になり、さらに著者へなり、分野・地域No1に至る、とのことでありました。

そう考えると、結構道のりが長く続いていますね。このステージ論を考えると、ちょっと調子に乗りそうな時も、「自分はまだまだだなあ」と戒めになる言葉です。

その上で、大切なのは、「著者になること」はゴールではないということを強くおっしゃっていました。著者になったとしても、まずは売り上げることが大切とのことでした。著者になっても、自費出版を狙うな、とのことでした。

出版社として考えると、本は利益を出すために1万部以上売れることが必要であるため、今は出版不況なので、1発でベストセラーを狙わず、「ある程度売れるヒット本」を量産する時代なので、比較的チャンスではあるそうです。

ちなみに、本は3万部売れるとベストセラー作家で、10万部売れると他の人の文句も出ない「ベストセラー」として扱われるそうです。

ベストセラー作家の定義はないそうですが、山のように「ベストセラー作家」がいた理由がわかりました。

また、本はブログ記事でいえば100記事分の量を一つの目安となる、とのことでした。2ページ分×100記事で200ページ分となり、約1冊分になるようです。このように書いていくことで、経験値と書き方を自然に見につけ、出版ステージへ、ということでした。

全く知らなかった分野なので、勉強になります。

企画ではなく自分を売り込むこと

編集者は、自分の企画を持っており、それを実現してくれる著者を探しているということらしいです。

そのため、本のプレゼンももちろん大切である、とはしつつも、自分の経歴、持っているノウハウ、人間性が面白いと感じるので、そうした自己PRの部分が大切になるとのことでした。

専門性を身につけるところからですね。

具体例を言えること

抽象的な文言だけではダメであり、質疑応答の際、具体例は必ず聞かれるところなので、聞かれた際に、パッと例が出てくるとよいという話もありました。

具体例、大切ですね。抽象論の展開をしてしまうことが結構多いので、反省し、具体例をもって説得力を上げることは強く意識しようと感じました。

著者の話の前に、自分の文章とかそういう意味で反省になりました。

事前のマーケティング

読者の興味・関心分野を知ることが大切という話もされていました。樺沢先生は、セミナーの申し込みの殺到度合い、YouTube動画の視聴者数を参考にしているとのことでした。

これは、フィードバックのアプローチにも繋がる話だなあ、と思いました。

最近、議論したりした後、指摘されたことを受け、アプローチを変えることで、より深まっていくことを実感しており、フィードバックの大切さを実感してきたところです。

フィードバックへの意識は、最近少しだけできるようになってきたところなので、まだ人から指摘されて、自分が「確かに指摘の通りだ」と思った事項について、行動修正を図ることが中心ですが、これからは、自分で、自分にフィードバックできるようにしていくことも大切だな、と考えている今日この頃です。

ブログを書きながら、インプット→アウトプット→フィードバックのサイクルを上げることをまずはしていこうと再決心しました。

アウトラインについて

具体的な出版に向けた話として、本は、目次が何よりも大切であり、章立て→大項目→中項目でアウトラインを作成してみることが肝要である、というメッセージを貰いました。知識がしっかり整理されているか、などはこれで結構わかってしまうそうです。

これまで、「目次は大切」という話は聞いてきましたが、それでもイマイチピンときていない自分がいました。しかし、ちょっと書いてみる側をこのコンテンツを見ながら想像して、実際の樺沢先生の目次ドラフトも見て、作る側の気持ちに立つことで、目次の大切さを実感しました。

特に最近は、ブログの目次とかも少しずつ考えるようになってきたので、知識を体系立てることの面白さを実感してきたところです。同時に、もっと早くアウトラインを考えることをしてくればよかったなあ、と少し反省しました。

本当に、のほほんと生きていると、時間はすぐに経過してしまいますね。

おわりに

これまで、全く出版というものを意識してこなかったのですが、「面白いなあ、こんな世界もあるんだなあ」と思いながら、聞いていました。新しい扉を開けられたような感覚でした。

そういえば、タモリさんがNews ZEROの有働アナとの対談の際に、「テレビは見るものではなくて、出るもの」と言っていました。やっぱり、発信することが、自分の一番の学びになりますね。

タモリさんは、その時に、「自分が面白いと思ったものをやり続けることが大切」とも言っていました。タモリさんは、それがエンタメ分野だったのでありますが、大変心に残る言葉だな、と思いました。

自分はまだまだですが、メッセージを発信する側に回りたいな、と思いました。

出版については、まだまだこのコンテンツでかじった内容しか知見がありませんが、「私にもできるのではないか?」と意識させてくれるコンテンツでした。何より興味が湧いてきました。

参考記事はこちら

立花B塾レベル1 1

複業のトリセツトークイベント

この記事を書いた人

相羽涼太

相羽涼太

読書、手帳術、旅行記・訪問記・食レポ、ジム(運動、食事)、英語学習などを中心に記事を更新します。

インターネットの登場で、「考える」ことが減りがちな今こそ、自分なりの軸を持って、考え、発信していくことを大切にしたいと考えています。

SF(上位10位、2019年1月現在):慎重さ、収集心、個別化、責任感、自我、指令性、目的志向、自己確信、信念、学習欲

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします