【食レポ】糖質をどうしても余分にとってしまう外食の時でもしっかりタンパク質を確保!〜筋肉食堂@六本木店〜

六本木に行く予定があり、六本木から帰るときにお腹が空いてきたので、私にとっては六本木といえばこちらということで、筋肉食堂さんにお邪魔しました。

筋肉食堂。

公式ホームページはこちら

名前だけ見ると台湾の屋台街にありそうなお店にも見えるし、男だらけで男臭いイメージもあります。

関連ランキング:ステーキ | 六本木駅乃木坂駅六本木一丁目駅

店の雰囲気

お店は六本木駅から歩いて5分程度あります。帰りは近いのですが、行きは少し遠く感じてしまうかもしれません。ですが距離的には近いです。

外に堂々と看板が立てられているので、ビルがどれかは迷いにくいと思います。

さて、お店に着くと、名前の割に清潔感の保たれた店内です。ラーメン二郎とはいかないまでもそんな雰囲気を少し想定していたのですが、良い意味で想定外でした。

カウンター席とテーブル席があります。お一人様用にカウンター席が10席程度あり、テーブル席も十分な数ー15テーブルくらいでしょうかーが用意されていました。

なお、店員さんは全員男性でムキムキのイメージかもしれませんが、違います。まず女性店員さんもいらっしゃいます。そして男性店員さんも程よい鍛え方をされている方が多かったです。ムキムキし過ぎていない感じです。

いざ、注文へ

メニュー表には、全て糖質、脂質、タンパク質の量が書かれています。

タンパク質は一食で30g確保するのですら大変ですが、このお店の料理は40〜60g、物によってはそれ以上になってきて、なかなかびっくりします。

タンパク質は1日体重の1.5〜2倍確保するのがよいといいますが、この食事でかなり値を稼げるのです。

脂質はまちまちです。多い料理もありました。用途によって自由に選択できるようにしているのかと思いました。

また、プロテインスムージーとかもメニューにあり、色々と楽しめます。

結局私は、鶏むね肉のステーキ200gと、玄米セットを注文しました。

鶏むね肉は、今回私は脂質は摂取したくなかったからです。玄米セットは、米というよりは、ここに野菜もついてくることから、セットを選びました。セットで税込1,490円でした。

実際、特に鶏むね肉だと、単体だけだと飽きると思います。セットを頼んで、ダイエットに合わせ、ご飯を残したり、少なめにお願いして調整するのがいいと思いました。

ストロベリープロテインスムージー

まず、お通しとして、プロテインスムージーが提供されました。

なお、このスムージーは料金に加算されないのでご安心ください。

味ですが、ストロベリーなので甘めでした。プロテインは多分ホエイだと思いますが、かなり粒子が細かいものを使っていると思います。飲んでいて、粉感を感じなかったのが印象的です。

そうして試飲用カップのようなもので飲んでいたところ、すぐにセットサイドメニューが出てきます。

玄米セットのサラダ

サラダは、まず、サラダチキンついているところがいいです。

そして、特徴として、葉物野菜いっぱいで種類も豊富でした。人参とかグリーンピースも小さくカットされて入っていました。ここまで色々なお野菜は、普段は食べないので、栄養をしっかりと取れたと思います。

また、ドレッシングとして、ノンオイル香味和風が置いてあり、ノンオイルなのがありがたい上に、和風ドレッシングが美味しいです。ノンオイルによる味のカットを感じない、しっかりとした和風ドレッシングでした。

オニオンスープ

野菜と同じタイミングでオニオンスープが来ていました。

早速飲んでみると、スープの塩気がいい感じに感じません。大体のスープは塩気が濃いなぁと感じるのですが、こちらのお店のは濃過ぎではなかったです。

また、よく見ると、牛タン定食のように、ここにもお肉があってちょっと嬉しかったです。オニオンがメインなので違うのですが、テールスープのような味の優しさを感じました。

ただ、ちょっと最後はスープの味に飽きてきました。

メイン:鶏むね肉のステーキと玄米

すぐに提供される訳ではないのですが、サイド食べてたら出てきたので、提供スピードは遅くはないと思います。

むしろ、厨房のところで焼いている様子が聞こえるので、楽しく待てると思います。

今回、一人で訪問しているので、炊飯器が少し離れたところにあります。そのため、店員さんがご飯を隣でよそっており、その様子もなんか少し面白かったです。

お肉はちゃんとしていて美味しいです。ただ、これだけだと徐々に飽きてしまいます。

そのため、このお店の特徴としては、飽きさせない工夫がされているなぁ、と思いました。

そもそも鶏むね肉は大雑把で淡白な味わいなので、ずっと食べていると飽きてしまう性質があるのですが、それを避ける工夫がされています。

それは、タレの種類が豊富にあったということです。

塩ダレと、ニンニク醤油ダレと、特製醤油ダレがありまして、それぞれ別の味わいなので、飽きさせません。

特にニンニク醤油ダレが美味しかったです。元々ニンニクが好きなことも大きいですが、ニンニク醤油ダレは割と万人ウケもよいタレなのではないでしょうか。

なお、玄米もセットで来ますが、これもどちらかというと鶏むね肉で飽きないための工夫の一つとして活用します。というのも、お肉食べてご飯を食べると、お肉だけ食べるより、味の旨味を感じるように思えるからです。肉と米とで違う味を感じるといいましょうか。

おわりに

このセットで1,490円がかかりますので、毎日行くことはできません。

ですが、たまに行くにはコンセプトとかも楽しいですし、何より、外食なのにしっかりタンパク質が確保できます。

店舗も前まで、六本木と水道橋のみでしたが、東京駅ナカと、渋谷にも進出と都内進出が進もうとしている期待のお店です。

ごちそうさまでした!

この記事を書いた人

相羽涼太

相羽涼太

読書、手帳術、旅行記・訪問記・食レポ、ジム(運動、食事)、英語学習などを中心に記事を更新します。

インターネットの登場で、「考える」ことが減りがちな今こそ、自分なりの軸を持って、考え、発信していくことを大切にしたいと考えています。

SF(上位10位、2019年1月現在):慎重さ、収集心、個別化、責任感、自我、指令性、目的志向、自己確信、信念、学習欲